2021年04月03日

あきらめない

 ちょっと愚痴のようのな投稿になるかもしれません。
 大人クラスも、子供クラスも、「一生懸命練習」してくださっています。
 ただ。。。同じようにレッスンをしているはずなのに、何を言っても響かず上達が見られない時(クラス)があります。ここが、私の課題であると思うのですが。。。

 何を言っても響かないっ。

 どうしてこんな事が起こるのかというと。。。

 ・やる気がない
 ・一生懸命やっているつもり
 ・恥ずかしい
 ・注意が聞けていない
 ・注意が理解できていない
 ・前回練習したことを覚えていない(注意したことを覚えているような集中したレッスンができていない)
 ・自分の体を努力して変えようとしていない(バレエを辞めようと思っている)
 etc...

 どれも当てはまっているお子様もいるかもしれない。とほほ。。。

 ちっともレッスンが楽しくないのでした。笑笑。

 細かく注意をしすぎて動きづらいのかもしれないと思って、細かい注意をせずにいると、「いやいや、もっと体を動かそうか。」と突っ込まずにはいられないほど、大雑把に動きます。
 細かく注意すると、「いやーな顔」をします。笑笑。

 ふむふむ。書いていてなんとなくわかってきました。

「体をつなげて動く」ということが出来なくなります。
 骨格筋が少しついてくる小学校高学年から起こる現象です。(と、思います。いかがでしょうか)
本来なら、「黄金期」と言って、心と体の成長がマッチして、スポンジのように吸収できるはずなんですけれど。
 心と体が離れてしまって、体だけ動いていると、そうなるのかもしれません。
 情緒を意識して指導するようにしようと思います。よしっ。頑張ろう。

 反抗期に差し掛かるころ。自分を否定して生きる心の癖も強くなる時期だと思います。
 なんとか生きるエネルギーが、「情緒」を動かす力になって、踊ることで昇華できるといいなと思いました。頑張ろう。。。

 心と体は繋がっている。強い精神と、強い体、豊な心。自分で育てなければいけません。頑張ろう。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました。




posted by 嘉本京子 at 18:41| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

アラフィフ、考える

 歳を重ねると、「それはそうじゃないでしょう。こうでしょう」と、自分より若い方達に話をさせていただく機会が増えました。
 それは、本当のことなので、一生懸命真心をこめて話しているつもりですが。
 ふと俯瞰して思うと、「説教くさい、おばさん」に思われている可能性があることに、最近気づきました(遅っ。笑)

 昔は、その若者だったのに。
 旧体制に、アンチだったのに。

 歳を重ねて、自分の立場や、年齢を考えて、発する言葉と、その影響力に、気をつけて行かなくてはいけないなと思いました。

 だからと言って、若者よりに何かしたりすることはないけれど。伝える気持ちをねじ曲げることもないと思いますが。
 あー。でも、ちょっと気を抜くと、「歳をとっている」というハンディを、こちらの意図を完全に無視して背負されてしまう。あー、これが悔しいですわっ。
 「もう、本当に若い人たちは、わかってないわねっ」と思えば、「このおばさん、うざいな」が増大していくのかもしれません。
 少し前は「少し先を生きる先輩」という立ち位置をゲットできたのですが、これからは「おばさん」になるのですな。ふむふむ。

 でも、ここから、「老い」ということを受け入れ、「自分」を受け入れ、自分らしい生き方にシンプルになっていくような気がしました。こっからだ、頑張ろう。

 まぁ、そんな理由もありまして、大人レッスンでは、常に、妥協なく全力で踊ってもらうことになると思います。笑笑。皆でがんばりましょー。

 「老い」も「自分」も受け入れつつ、全力で毎日生きていれば、きっと、若者から向けられる「年老いた人」というレッテルを跳ね除けられる気がしています。自分は、そのように年上の方達を見ることはなかったけれどねぇ。

 自分の中で、何かが変化している気がしています。自分とはなんぞや。おばさんになった自分は、どうなっていくのか。どんなふうに楽しめるのか。。。こんなことを考えるアラフィフでした。若者と一緒にいられるのは、ありがたいことですね。きっと、彼らから教わることがこれから増えるのかもしれません。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました。


posted by 嘉本京子 at 21:26| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

4月1日!

 今日は4月1日です。エイプリルフール。
 素敵なウソがひとつくらい思い浮かぶかと思いきや、全く思い浮かばす。。。いろんな方々を喜ばすエンターテイナー的要素が皆無な自分を大反省中。即座に面白いことを思い浮かべる芸人さんたちを本当に心から尊敬します。。。

 そして、今日は、今は亡き、私の師匠のお誕生日でもあります。最近、師匠を思い出すことが多かったのは、お誕生日が近かったからかしら。。。天国から、やきもきしてご覧になっているだろうな、と思うと申し訳なく思います。頑張ろう。。。

 今日から新生活を送られる方も、たくさんいらっしゃることでしょうか。。。
 4月になると生活が、環境が、変わる。
 特に人間関係を1から構築するのは、本当に大変ですね。
 でも、大変大変言っていてもらちが開かないから、楽しみながらできたら一番いいですね!

 スタジオにも、ここ1ヶ月で新しくご入会された方がたくさんいらっしゃいます。
 楽しくレッスンを重ねることができることを心から祈っています。
 昨年の反動でしょうか。今年はたくさんの出会いがやってきました。本当にありがたいことです。

 しかし、新しいことを始める、ということは、言われもない不安がつきまとうものです。
 まだ見ぬ明日が、ひょんなことで不安に思う日は、ウソの一つでもついて、明るく不安を吹き飛ばすのが良いのかもしれませんね!

 新しい場所でも、伸び伸びと自分らしくあるために、深呼吸をひとつ。リラックスして、思いっきり活動ができること。いっぺんに何かをしようとしないこと。自分を励ますこと。良く見せようと思いすぎないこと。一つのことに、ちゃんと集中すること。周りをよく見る事。等々。。。

 新しい出会いの後に待ち構える、新しい出来事を楽しみに、ここ数ヶ月頑張りたいと思います。

 今日も好き1日を!
 読んで頂きありがとうございました!

posted by 嘉本京子 at 16:00| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

明日から4月

 明日から4月です。
 1日にお参りができないので、本日、お一日参りに行ってまいりました。

 今月も来られて、ほっと一息です。

IMG_1880.jpeg

 神社の中には5分ほどしか居ないのですが、世の中の喧騒とは全く違う世界が広がっていて、しばしの癒し時間となります。
 「なんとかなるよね〜」という気持ちになるのが、本当に不思議です。

 こうして、1ヶ月に一回、リセットに訪れることが、今の自分にはとても大事であったりします。
 なんだかんだ言っても、元気に暮らせることに感謝して参りました。心の平安が、このまま続きますように。。。

 明日から4月です。心機一転、環境が変わる方もたくさんでしょうか。
 皆様にとって好きスタートがきれること、心よりお祈り申し上げます。

 さて!今日もこれからレッスンです。がんばりまーす。

 今日も好き1日を!
 読んで頂きありがとうございました!



posted by 嘉本京子 at 15:47| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

今一度、感染対策を!

 大阪で、本日の感染者が400人を超えたそうです。
 栃木で、小学校のクラスターが発生したそうです。
 さてさて。

 ただ今、幸いに春休みなので、学校でのクラスターは防げますが、今までと違って、子供たちにも感染が広がっている可能性があります。子供にも感染しやすいウィルスに変化した???
 家庭内感染が広がっている、という報道もあります。これも、子供に感染が広がりやすくなったので、家庭内感染が増えた可能性があるのかもしれません。

 とにかく、今一度、感染対策をしっかりと行いたいと思います。
 春休みだから、息子を連れて出かけたり、いろんな人と会って会食したいけど、グッと我慢。

 息子が、「大阪に行きたい〜」と言っていました。今年はお正月の帰省を自粛したのもあるのだと思います。でも、今はやめておきます。ゴールデンウィークぐらいに、少し落ち着いていたら良いけど。でも、人が出回ると感染が広まるなら、ゴールデンウィークに出かけるのはNGになるのかな。
 これを機に、日本全体で、分散してまとまった休日をとるようにできるといいけど、どうかな。。。

 ただ。
 コロナが、「風邪」のような扱いになれば良いのに、とも思います。必ず治る(死亡者の平均年齢は79.3歳。長生きしたかったら、コロナにかかれ!というブラックジョークも。。。苦笑)のだから、風邪と一緒。風邪は世の中からなくならない。風邪にはワクチンは打たない。

 そんな風潮になればいいけど、今はその時期ではなさそう。
 今はじっと耐え忍ぶしかないか、と思います。
 でも、「誰かのため」と思えば、それは「我慢」ではなくなります。
 「自分勝手な行動」を控える、という気持ちになります。
 その気持ちを世界中の人が持てたら、本当に素晴らしいことだ、とも思います。
 コロナよ、それが狙いなのですか???

 ただ。 
 変異ウィルスが、小さなお子様にどんな影響を与えるのかが、少々心配です。
 息子も、休みをいいことに夜更かしモードになってきているので、体調管理を気をつけなくては。。。
 また、この時節も、みんなの力を合わせて乗り切れたらいいですね!

今日も好き1日を!
読んで頂きありがとうございました。
posted by 嘉本京子 at 20:12| Comment(0) | 新型コロナ感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

3月も間もなく終わり

 昨年の今頃は、新型コロナ感染症の影響で学校が休校になり、レッスンも休講になり、異例ずくめの日々でした。
 その名残があるようなないような。。。今がもう年度末だ、という気持ちがすごく薄れてしまいます。

 もう3月が終わろうとしています。

 息子が小学校低学年の頃は、まだ1人でお留守番ができないので、長期のお休み(春休み、夏休み、冬休み)になると、息子の祖父母のご協力をいただくため、スケジュールをたてることが必須でした。今はそれもなくなり(1人でお留守番が可能になるどころか、親がいない1人の時間を楽しみで仕方がない、までに成長しました。笑。)、気づいたら春休み。。。それも、一因しているのかしら???とにかく、気づいたら春休みが始まっていて、年度末を迎えようとしています。時の流れが早すぎです。くすん。

 そんなさなかでしたが、昨年からスタートした幼稚園での指導ですが、本日で一区切りつきました!今年度最後のレッスンが、今日、無事に終わりました。おかげさまで、「年度末だ!!!」という気持ちになりましたし、地続きだった未来へのぼんやりした気持ちが、いったんグッと引き締まリました。

 バレエを指導する、ということには変わりはないのですが、場所や環境が変わると、様変わりするものです。
 なにはともあれ、レッスンを受けてくれている園児の皆さんには「楽しい」と言ってもらえてるので、ほっと胸を撫で下ろしておりますが、まだまだバレエの楽しさを伝えられてない部分があり、次年度も頑張って行きたい、と思っているところです。

 みんながみんな、バレリーナになるわけではないけれど、自分にできる努力を日々頑張ることが、いずれ自分を支える力になる。
 情熱を持って練習をすること、礼儀をわきまえること、他人を思いやること。これらのことを、ことあるごとに伝えられたらいいな、と思っています。三つ子の魂、百までも。

 スタートした時はグダグダだったのですが、グループでスキップしながら動くことも、今日はすんなり出来ていて感激しました。園児の皆さんの成長が見られて、今日は感激でした。ホッ。

 私(嘉本)にも、たくさんの学びがありました。いつもスタジオに送迎してくださる保護者の方たちのありがたさ。「バレエを続けたい」とシンプルに思ってくださるお子様と、そして保護者の皆様。本当にありがく思います。それが当たり前のように思っていた自分に、昨年は喝が入りました。。。

 「バレエ」という習い事は、私が幼少の頃は、「特別な習い事」だったように思います。
 今は随分と環境が変わりました。
 「少子化」に加え、「バレエをやってみたい、という習い事としての人気」は下降気味のように思います。他の習い事が増え、今のお子様たちには、選択肢がたくさん用意されています。ダンス、体操、トランプリン、新体操、チアリーダー、英語、そろばん、初動、ピアノ、。。。バレエの地位は下がっていると思います。でも。。。

 バレエは、後にどんなスポーツに変更してもまるで問題などころか、体の重要な基礎づくり(体幹の強化、足指の強化、音楽を聴きながら動く=脳の活性化)を担っているので、どんなスポーツにも役立つと思います(小学校の授業に取り入れられたらいいのに、って本気で思っています。
。。。)。そして、大人になっても続けられます。個人的な思いとしては、流行り廃りや、安易な楽しさだけを追求したものでない習い事を、ぜひ保護者の方はお子様にみつけてあげて欲しいと思います。そして、継続は力なり。大人になっても続けられる習い事があるって、すごいことだと思うのです。何をお子様に差し上げられるのか。大事なことは何なのか。こうして、ちっさい声でぶつぶつ言い続けると思います。笑。

 今日も好き1日を。
 読んでいただきありがとうございました。



posted by 嘉本京子 at 17:54| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

「お別れが寂しい」という経験に思う

 先日、息子は、無事に修了式を迎えました。
 学校に帰ってくるなり、珍しく、学校での出来事を教えてくれました。

 ・理科を教えてくれた教頭先生が、小学校から移動になった
 ・デジタルの画面で発表になって、教頭先生の名前が出た途端、女子のほとんどが泣いてしまった
 ・自分は涙が出なかったけど、女子たちの泣いている様子で、心がなんかドキドキして泣きそうになった
 ・水道で目を濡らして泣いたふりをしている子もいた(オプションの笑い話。笑。)

 といった内容でした。
 今までに経験したことのないことだったようです。
 「悲しかったの?」と聞くと、「うん、悲しかった」とのことでした。

 教頭先生は、「怒ると怖いけど、優しかった」そうです。
 きっと、先生の愛情がダイレクトに子供たちの心に届いていたようです。
 今までも、担任の先生方は良い先生方でしたが、教頭先生は、また違っていたようです。会えなくなることが寂しい、と報告を受けたのは初めてでした。

 「怒ると怖いけど」という話のくだりで、「ママみたいな感じでさぁ」と、例えに私の名前が上がりました。いやぁ、大変恐縮です。感情で怒らず、「叱る」ことに大変気をつけてきたつもりでしたが、ちゃんと息子に届いているようで安堵いたしました。ふぅ。「叱る」時は、半端な気持ちでは、叱りません。命をかけて叱ります。

 子供たちを育てる責任は大人にあります。愛情は、ちゃんと子供たちに届いているのだ、と思う出来事でした。
 すべからくは、教頭先生のような方が増えて、学校の先生という権威が保たれることを祈るばかりです。

 信頼できる大人がいる、という経験が息子に舞い降りたこと、心から感謝いたします。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました。




posted by 嘉本京子 at 19:18| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

新しい出会い

昨年の今頃は、新型コロナウィルスの全貌がわからないまま(今もわからないと言えばわからないですが。。。)、学校が休校になったりして、動揺が隠せない時期でした。

新しい習い事なんて、考える余地もありませんでした。

あれから1年。
緊急事態宣言が解除されたのもあって、体験レッスンのお申し込みをたくさん頂いてます。嬉しい限りです。

マスクをしたまま、お会いするので、きっとマスクがとれた時にためらいが生じそうです。。。
それでもマスクが取れる日が待ち遠しい。

 新しい出会いがたくさんある春となりました。

 今年は発表会があるので、子供クラスは4月末を目処に一度募集をストップします。
 入会をご検討されている方は早めにご連絡頂けると嬉しいなぁ。。。と思います!!

 コロナ禍であっても、入会してくださる方々がいらっしゃることに、心から感謝。
 また1年を無事に過ごせそうです。
 ご入会頂いた皆様に、バレエの楽しい思い出がたくさん出来ますように。。。

 今日も読んで頂きありがとうございました!
 今日も好き1日を!

posted by 嘉本京子 at 23:29| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

気になる人の本

 やってしまいました。
 オードリー・タンさんの、著書「自由への手紙」を、ポチ。

 じゃじゃジャーン。

IMG_1862.jpeg
IMG_1861.jpeg

 私(嘉本)は、20代の頃から、老子が好きです。老子が、この世で最高の師、だと思っております。人生に悩んだ時は、老子に聞け。
 オードリーさんも、老子を読みあさったと紹介されています。中学生の時、ですが。。。ちょっと嬉しい。

 最初の「本書を手にした日本のみなさんへ」で、もう心奪われています。久しぶりに、ハマりました。

 自分の考えを押し付けるわけでなく、知識を自慢げに広げるのでなく。心地よい言葉で、心の奥にまで届くようなお話がずっと続きます。こりゃぁ、なんだろうー。

『自分の可能性を力に変え、その力を誰かのために役立てることです』
(本書を手にした日本のみなさんへ、より1文)

この本を、ぜひ、若者に読んで欲しいと思いますっ!この本を読めた若者は、ラッキーだと思います。

 ちょっと残念なのは、息子に少し読んでもらいましたが、まだ「ちんぷんかんぷん」とのこと。うーん、今はダメでも、そのうち読んで欲しいぞっ。

 もっと残念なのは、自分がもう若者でないことです。笑笑。
 でも、みんなにとっては、1週間のうちのほんとにわずかな2時間あまりの少しの時間ですが、「若者」たちと触れ合う機会が、私には「ある」ということ。みんなに、安心して未来の日本を託せるような人物に成長してもらえるよう、微力だけれどがんばりたいですっ。頑張ろう。

 50才を目前にすると、こんな思いになるのですね。生きる、って面白い。

 今日も読んでいただきありがとうございました。
 好き1日を!!

posted by 嘉本京子 at 22:32| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

魔法の鏡

 バレエには、いろんな「型」があり、それぞれの型に名前があります。

 足の位置(ポジション)に名前がついていて、1番、2番、5番が主なポジションです。5番は有名ですね。

 手の位置(ポジション)にも名前がついていて、主に4つのポジションがあります。アンバ、アンナバン、アンオ、アラセゴン、と名前がついています。

 手のポジションを美しくキープするには、いろいろ気をつけること、があります。
 手の平の向き、もそのうちの一つです。とても大切です。
 「アンオ」というポジションでは、手の平は、自分の方に向けます。手首が力んでしまうと、外側に向いてしまいます。

 「そんなつもりはない」けれど、無意識でやってしまうことが、バレエをやっているとたくさん出てきます。
 無意識でやっていることに気づいて、自分なりに修正していくことが大事になります。

 手の平の向きを気をつけるために、師匠がよく子供たちに言っていたことがあります。(子供にわかり安く教えることが本当に師匠は素晴らしくて、いつもアシスタントをしながら、感嘆したものです。お金とは引き換えにならないものをたくさん受け取りました。ありがたいことです)

「魔法の鏡が手の平にあるわよ。その鏡には、『かわいい子』しかうつらないのよ〜」でした。

 先日のレッスンで、キッズのお子様たちに、そう伝えてみました。みんな嬉しそうに楽しそうに、手の向きを気をつけてくれました。
 でも、実際にイメージがしずらそうなので、メモ用紙に使う小さな裏紙を手渡して、実際にメモ用紙を手に挟んで、手の平を感じながらレッスン。少し、意識できたかな〜。

 さてさて。メモ用紙を渡したことをすっかり忘れてしまって、次のレッスンを迎えました。
 突如思い出して、今日もメモ用紙を手に挟んで練習してみようと思って、(まさかメモ用紙だし、「また使うから、とっておいてね」と声をかけるのも忘れてしまったので、とって置いてないだろうな。。。新しいメモ用紙を渡そうかな?)と思っていたら

 「持ってるっ」
 「絵も描いてきたっ」

IMG_1857.jpeg

 わぁ。感激して、写真を撮らさせてもらいました。師匠も天国から笑って見ていてくれているかしらっ。
 写真だと少々わかりにくいですが、魔法の鏡が、描かれております。
 可愛く映っているかな???

 ただのメモ用紙を、大事にとって置くだけでなく、私の言葉を良く聞いて受け止めてくれているお子様たち。。。
 まだまだ頑張らなくてはいかん!と思う瞬間なのでした。
 師匠もきっと、まだまだがんばれ、と言ってくれているに違いありません。はい、がんばりますっ。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました!


posted by 嘉本京子 at 11:10| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする