2021年02月20日

違和感その2。。。

 私は昭和生まれなんだな、と思います。以下、違和感を抱くこと。。。

 ・学校の先生とお友達感覚の子供
 ・親と友達感覚の子供
 ・保護者はお客様
 ・子供の前で教師の悪口を言う保護者(教師の悪口を上から目線で言う子供が多すぎる。昔のそれとは趣が違っている)
 ・生徒を愛情で叱れない教師
 ・継続して続ける価値観が薄れている
 ・好きか、嫌いかで物事を判断しすぎる
 ・自分の体は他人(薬)任せ
 ・自分の子供を褒めちぎる
 ・深く物事を追求するより、浅く広く軽やかに楽しく
 ・自分が損することは最初からしない
 ・自分にあった仕事を探す。自分にあった仕事がこの世にあるはずだ

 なんだか、いやだなぁ、と私が感じる違和感でした。
 ブログにはネガティブなことを書かないように気をつけていたのですが、違和感を感じることが最近やけに増えていまして。。。でも悪魔でも個人の感想です。すみません。。。

以上の違和感を、こんな風に変換できたらと思うのです。
変換します。

 ・学校の先生は、物事を教えてくださる人。敬意を持って接するべし。
 ・親を尊敬することは、生まれてきたルーツに感謝すること。基本の基本。
 ・教育は、まず保護者から。この親にこの子あり。問題を無視せず、愛情を持って家族の問題に寄り添うべし。
 ・生徒を愛情で叱れる教師。教師は聖職。そこに愛があれば大丈夫。
 ・人様の前で、人の悪口を言わない。子供は見ている。
 ・継続は力なり。継続しなければ見えないことが山のようにある。自分で知ることが智慧になる。グーグル先生には教えてもらえない。
 ・好きか、嫌いか個人の価値観だけを頼りに、偏った見方をしない。俯瞰して物事を見るべし。
 ・自分の体は、自分で責任を持つ。今日の体は、今まで自分がしてきたことの結果。それを受け入れるべし。
 ・自分の子供は、天から預かったもの。優しくそっと寄り添うが、べったりと美辞麗句で余計な垢をつけない。親が客観的に多面的に子供をみてあげなくては、子供は進む方向を見失うだろう
 ・深く物事を追求すれば、真理に近づく。それが、人生の目的。
 ・無駄なことに、自分のためになることがゴロゴロ転がっている。計算通りにいかないのが人生。そこに神様からのプレゼントがある。設計図通りの人生なんてつまらないものだ
 ・自分にあった仕事なんて、この世に一つもない。自分が合わせる一方通行のみ。お給料は我慢料。

 あースッキリした。笑笑笑。

 世の中にはいろんな人がいるのだ。頭ではわかっていても、ボーっとしている人を見ているとチコちゃんになるの。「ボーっと生きてんじゃねぇよ!」

 違和感が生じた時に、どのように対処していくのか、が今の私の課題のようです。

 このゆりのきバレエスタジオ は、楽園そのもの。違和感がない世界が広がっている。
 でも、そこから旅に出る準備をするのかもしれません。(いや、出ないかも。笑笑)
 違和感を感じた時、あなたはどうしますか?どうしても感情的になってしまう自分を変えたいのかもしれません。。でも、ただ、こうやってブログにブーブー書いてるだけかもしれません。笑。

 「人を変えたいなら、自分が変わりなさい」と、師匠に教わったのでした。。。私は本当に大事なことをたくさん師匠に教わっているな。ありがたい限りです。
 さぁ、どう自分が変わるのでしょうか。頑張ろう。

 ゆりのきバレエスタジオ の生徒さんたちのように、楽しく、自分の体をメンテナンスしながら、人生を謳歌する人が増えたら嬉しいな、と思うのでした。それには、例の違和感を変換する必要があると思うのです。そのお手伝いができるといいな。さて、どうなることやら。。。

 日本の未来を背負って立つお子様たちにも、基本の基本を教えてあげたい。それを教えてもらえない環境にいる子供たちがかわいそうに思います。大人がしっかりしなくては。。。でも私の独りよがりの考え方かもしれません。悩みは続きます。。。

今日も良き1日を。
読んでいただきありがとうございます。

posted by 嘉本京子 at 22:50| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: