2020年11月05日

「鬼」退治!!

 「鬼滅の刃」が大流行しているそう。いろんな要素が絡まって、たくさんの人々に受けれられたようです。
 何がそんなにヒットする理由なのだろう。理由は無いことはないのだろうけど、最近は、「本当にヒットするものには、理由がない」のだろう、と思い始めています。いろんな理由を考えられるような、見てくれる人々それぞれに心に響くような、言ってみれば、逆にメッセージ性が無ければ無いほど良いのかもしれません。ピンクレディーに夢中になった理由は「ピンクレディーが好き」だからでしょう。。。理屈抜きで好きなものは好き、という力は強い。

 小さいお子様にも人気です。園児のみんなにも大人気。

 先日のレッスン中に、楽しさが極まって、子供たちが自由に行動をし始めたので、ちょっと姑息だけれど使ってみるべし、と悪い先生は、子供たちに向かってこう言いました。

「あらら。そんなふうにしていると、いつの間にか「鬼」になってしまうかもしれないわよっ。ふっ。(薄気味悪い笑み)」

 薄気味悪さが功を成したのか、あっという間に「シーーーーーン」としてしましました。あはは。
 鬼滅の刃効果。恐るべし。(私の薄気味悪さも、なかなかのモノ、という噂も。笑笑。)
 騒いで好き勝手やるといけないことだし、自分は今そうしている、という自覚があるのだなぁと、あっという間に静まりかえった教室で、1人静かに先生は思っておりました。あはは。

 こうして、園児の皆さんの中から育ちそうな「鬼」を退治してみました。エイヤッ!
 でも、この手は、1日1回ですな。ここぞ、という時に使わさせて頂きます。

 息子の時代は、「鬼に電話」というのが有りました。悪いことして言うこと聞かない時は、鬼に電話すると、鬼が電話に出てくれる、というアプリです。今もあるようですが、まさに、その鬼に「なってしまうぞ!」は、アプリに負けず劣らず、今はリアリティのある言葉として子供たちに届けられるようになったのでした。

 自分の中にも居ます。いろんな鬼。毎日が、鬼退治!!鬼たちよ、成敗してくれるわ!!と日々格闘したいと思います。あれ、鬼のせいでないか。。。鬼よ、ごめんなさい。

 今日も好き1日を!
 読んで頂きありがとうございました!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: