2020年10月18日

また映画を観る

 本日は、家族で映画を観に行きました。映画は「鬼滅の刃」。
 5つのホールで同時に上映。客席自体は満席ではないものの、ホールが多いのもあって、ものすごい混雑でした。
 なんという人気。
 昔からあまりミーハーになれない自分(嘉本)なのですが、まんまと乗ってしまった自分にちょっと笑ってしまいそうでした。
 でも、今時のお子様たちが、何にそんなに惹かれるのかが知りたかったのです。

 気になる感染対策ですが、飲み物以外の持ち込みは禁止、検温、アルコール消毒、マスク着用義務、でしょうか。座席は減らされておりませんでした。(2週間前のミッドナイトスワン では、1席ごとに空席になっていました)。後は、映画館は密閉空間のようですが、空調がきちんとされている、という説明でした。来場している人たちにソーシャルディスタンスを意識している様子はあまり見受けられず、でした。うむむ。あまり良い状況、とは言い難いかもです。大丈夫か。。。とにかく自衛を徹底的に。まめに手をアルコール消毒して対策しました。

 映画は、とても良かったです。「正義」というものを軽々しくなくきちんと表現していること。これがいいのかなぁ。
 私たちが小さい頃にはいっぱいあった、ためになるアニメがやっとできた、という感じなのかな。大人が「子供はこんな感じで満足するんじゃない?」と少し努力が足りずに作ってしまった駄作(あら、ごめんなさい)だらけの中で、とても極まっているように思いました。
 そして、正義のキャラがたくさんあって濃い。完璧でなくても良いから、自分オリジナルの信念を持て、という暗にメッセージが込められているようにも思いました。
 もちろん、大正時代、という少しミステリアスな時代設定も良いのでしょうけれど。なんでもすぐに叶ってしまう今の時代とは違うけれど、そんなに遠くない時代。完全に西洋化してしまった日本の文化ですが、オリジナルの古き好き日本文化に肯定感を持てるのではないかと思いました「刀」もいいアイテムですよね。みんな、心に刀を持っている。

 いやぁ、爆発的な人気です。でも、やっぱり人気の底には真っ当な理由がありそうだな、ということでちょっと安心。
 まだ購入した漫画を1ページも読み込んでいないので、やっと読んでみようかな、と思いました。とにかく、作者が作り上げた世界にハマりこむのが本当にしんどいのでした。。。ハマる時はしっかりハマっていたいですし。

 とはいえ。やっぱりエンターテイメント作品なのだなぁ、と思いました。終わった後30分後には、普通に日常生活に戻れました。
 「ミッドナイトスワン」は戻れなかった。そして、その世界にもう一度行ってみたいと思えました。もしかしたら、もう間も無く公開が終わるかもしれませんね。見るなら絶対映画館だなぁ。。。行けるかなぁ。。。そんな映画は、きっと後何年かは出てこないだろうなぁ。。。

 鬼滅の刃は「水の呼吸」「炎の呼吸」と、呼吸(気?)を使って武術を行うのですが、あんな武術が使えるようになりたい、と訳がわからない欲望が出てきてしまい、大慌てでその欲望に蓋をしています。笑。
 自分の中にある「鬼」は退治できただろうか。もし鬼が出てきたら、妄想で「水の呼吸!!!」と言ってやっつけてみよう。アブナイ人だな、そりゃ。笑。

 人として正しいことはこんなことなんじゃないか、というメッセージが、すごくストレートで真っ直ぐなアニメ。この時代に出てきてくれたことが、本当にありがたいように思いました。いつも仮面ライダーを見て、ぶつぶつ文句を言っていた嘉本なのでした。えへへ。

 今日も好き1日を!!!
 読んで頂きありがとうございました!!!
posted by 嘉本京子 at 18:38| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: