2020年09月27日

ミッドナイトスワン 見ました

本日は、ひょんなことで、「ミッドナイトスワン」を見に行こうと思って、見に行ってきました。行ける時は、行けるものなのですね。。。

たまたま、テレビでやっていた、草g剛さんのインタビューを見たのです。トランスジェンダーという、とても難しい役を、役作りをしなかったというのです。「自分でいいんだと思った」という、何ともすごいコメント。そして、映画のいくつかのシーンを見たのですが、その佇まいが、頭から離れなかった。なんとも言えない、魅力が草gさんの表情の隅々まで満ちていました。

もちろんバレエが関わっているのも大きかったです。

そして、こんな記事を、また見てしまったのでした。


内田監督。初めて知りましたが、バレエが大好きとおっしゃられる。バレエ映画も撮りたいとおっしゃる。なんてことでしょう。バレエのどこをどうやって映画にしてくるのでしょうか。。。

一昔前は、子供の習い事のトップに入っていたバレエですが、時代の流れと共に、たくさんの選択肢が増えて言った(新体操、体操、チアリーダー、ダンスetc)ことや、バレエの露出が減った(地上波ではほとんど放送されなくなりました。涙。)ことや、バレエ界に現役ダンサーでスーパースターが生まれなかったこと(スーパースターは、どの世界でも生まれにくい環境に思います。。。)いろんなことの作用で、人気はとても落ちていた様に思います。
バレエの素晴らしさが、人々に知られにくい環境ではあるなぁ、などと思っておりました。映画で、どんな風にバレエが描かれるのかがとても気になりました。

土曜日から公開がスタートした様です。その土曜の夜(昨日)、何気に調べていたら、なんと、翌日日曜に、舞台挨拶の中継込みで上映されるとあるではないですか!見たら、予約は結構入っていて残席わずかに!思考する前に、指が、ポチッとしていました。。。

日曜は、家族で過ごすけど、割とめいめいに好きなことをやる事が多くなったので(数年前には信じられないことです。泣)、快く家族から許可をもらって、1人で行ってきました。
1人で日曜に映画を見るなんて、ちょっと恥ずかしいかしら、なんて思ってたけど、心配を他所に、そんな人が多かったように思います。なんせ、感染対策のためまだ1人おきに空席がありますから、そんな風に強く感じたのかもしれないのですが。。。

草gさんや監督の映画に対する思いを聞きたかったのです。皆さん、少し緊張されていたり、感染対策のため、会場のお客様が声を出せないのもあり、多少ギクシャクしたところもありましたが、とてもこの映画を大切に作られたのが伝わってきました。

写真 (2020-09-27 12_41_34).jpeg


IMG_0927.jpeg

凪沙役 草g 剛さん
IMG_0928.jpeg

桜田一果役 服部樹咲さん
IMG_0929.jpeg

桜田早織役 水川あさみさん
IMG_0932.jpeg

内田英治監督
IMG_0930.jpeg
(手ブレすみませんっ)

自分の目で見て感じて、生徒さんに勧めてみたいという気持ちも大きかったです。
舞台挨拶が終わり、いよいよ、本編が始まりました。

草g剛さんは、ぜひ家族で見て欲しいとおっしゃっていましたが、私は1人で見に行って良かったと思いました。笑
自分の感じたことを表現するのが、とても難しい。。。です。でも、たくさんの人に見て欲しいと思いました。

私が暮らしているこの世界の、すぐそばにある、とても深い暗闇に住う人々。その人々の痛みを感じる。しかし、その痛みをどうしていいのかわからない。どうしてその痛みがなくならないのかと、途方にくれます。

人それぞれに傷つく可能性がある繊細な心を持っていて、他人の軽々しい言葉で傷つく事があるのだということを、久しぶりにじっくりと魂に刻んだ感じです。

その様な真っ暗闇から、浮上する様に踊られる、SWAN LAKEは、本当に最高でした。

崇高なバレエの世界に今でもいられることを、本当に誇りに思いますし、正しい厳しさ、そして愛情、パッションを、改めて持ち続けなければと思うのでした。

これ以上は、これから見る方に申し訳ないので、ここまでに!
もちろん、緑が丘の映画館でやっております。
かなり強烈な表現もありますので、お子様が見る場合は、保護者の方の付き添いが必要かなと私個人は思います。
でも、世の中には、こんな風な思いで世界と関わっている人が居るということを知るのは、とても必要なことに思いました。

ものすごく個人的には、この映画を見て、孤独に黙々と練習してくれる生徒さんが増えるといいなと思います。(他力本願!)

もう一度、真っ暗闇で、1人で見たいと思う映画でした。草g剛さんは、本当に素晴らしかったです。
 凪沙さんが喜ぶ様な踊りを、自分も踊ってみたいと思うのでした。

 暗闇に住う人々にも。。。
 今日も好き1日を!

 読んでいただいてありがとうございました!!!



追伸。共演された竹内結子さんの死去のお知らせの後の舞台挨拶でした。映画で共演されたことのある草gさんでした。ショックを隠しての舞台挨拶だとすると、改めてプロの凄さを感じます。芸能界の悲報に心が痛みます。心からお悔やみ申し上げます。
posted by 嘉本京子 at 18:49| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: