2020年09月18日

スピードと破壊力

SNSを使って情報発信する。
色々な危険がまだ整理されていないけど、世の中にとても浸透してきたように思います。
そのうちの一つのTwitter。私は見るだけですが、必要な情報が瞬時に届けられるので、とても便利に使わせてもらってます。八千代市や、八千代市長もされていて、コロナ感染のお知らせなどはTwitterの市長のコメントのおかげで、状況の把握が出来ることも多くあります。
その中でも、群を抜いて、とてつもなく有効に使われているなと思っていたのが、河野太郎大臣です。毎日のコロナ感染者の状況ツイート、防衛大臣だった時は、そのお仕事内容、などのお仕事内容に終わらず、副大臣とウィットにとんだTwitterでのやりとりだったり、一般の方からの「タローを探せ」という自然発生した企画にもコメントしたり。そのコメントが、たった一文字のため、みんなで、その意味を模索したり。

そんな大臣のTwitterに、昨日、「縦割り110番」を作ったと投稿されました。「はやっ!」
このスピード感に、思わず「はやっ!」と震撼した方は多かったのではないでしょうか。
昨晩は、深夜1時に記者会見されていましたから、なおさらに驚きです。そう思うと、1時間近く時間が押したことへのご意見はごもっともとも思いました。その1時間で出来ることは沢山あるわけですね。

2時間で700通。23時の時点で3000通のため、現在は一時休止です。そのお知らせもTwitterでした。。。

一応、掲載しておきます。


昨日、閉鎖される前にページに行ってみましたが、まー完結なページ。最低限の入力事項。それに、匿名が禁止(偽造は可能だけど。。。とはいえ、住所と電話全て入力でした)なので、軽い気持ちで入力しようと思う人を跳ね除けそうな仕様でありましたが、言葉が完結なので、どんな人にも入力しやすいようになっていました。(お役所の、そういう何か入力する時のわかりにくい言葉の数々は、本当にうんざりですっ)そして、個人のページに、さくっと作ってしまうあたりが、すごい。

悪しき前例に悩まされている人たちは、本当に心からスカッとしたことと思います。
そして、さくっと行動し実現できたのも、優秀な人材が周りに集まっていらっしゃるんだろうなとも思いました。。。

スピードを持った破壊力。このスピードは、一朝一夕では手に入れることが出来ないと思います。日本にもこんなにスピード感をお持ちの方がトップにいらっしゃるのかと思うと、ちょっと嬉しいな、という今日のお話でした。

こうして、瞬時に大臣に声が届く時代が来た、ということにも震撼。縦に見れば、私から大臣は遥か遠くにいらっしゃるけど、横に見ればすぐに声が届く時代に。SNSは、こうして使うのだなと思いました。最初は、自分の呟きを見て誰が喜ぶのか、なんて思っていましたが。。。

このスピード感と破壊力。今後も楽しみに拝見させて頂きたいと思いました。
私もがんばろう♪

今日も好き一日を!
読んで頂きありがとうございました
posted by 嘉本京子 at 08:56| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: