2020年08月23日

美しい体

 昨日から、テレビ番組で、Qちゃんこと高橋尚子さんがマラソンを走られています。
 現役こそ退いたとはいえ、いつも走り込んでいるだろうと思われる、鍛え上げられた体が、本当に美しいと思いました。

 またまたテレビの話で恐縮なんですが、走り棒高跳びの高校生の選手の特集をやっていました。この方も、本当に美しい。
 その特集で出てきた、オリンピック金メダリストのイシンバエワ選手も、本当に美しい。


 今日は、美しい体、について少し思いを馳せておりました。もちろん、バレエダンサーも美しい体の持ち主です。
 無駄な筋肉でなく、しなやかな筋肉。長時間走り続けられるような、よく伸び縮みする弾力のある筋肉。そして、5メートルほどの高さに上がるために、無駄な力を最大限に落としながらも、長い滞空時間に耐えられる筋力。

 力技でないところに、美しさの秘密があるように思いました。
 「美しい」と感じるのは人それぞれなので、私だけの感覚なのかもしれませんが。汗。
 バレエダンサーも、本番では2〜3時間ほどの長い間、常に動き続けます。そのリハーサルはなかなか過酷といえば過酷です。昔は、日曜は一日バレエの日で、朝10時に始まり、終わりは夜の7時という生活をほぼ1年間ずっとでした。いやあ今思うとすごいなぁ。そういう長いリハーサル、最近は皆無になりました。もう少し子育てが落ち着いたら、出来るようになるかなぁ。

 長時間無駄な力を削ぎ落として動けるようになると、人は美しくなるのか???謎でございます。まあ、ライザップとはちゃいますねん、ってとこでしょうか。

 バレエダンサー以外で、美しい体の持ち主をたまたま今日続けてみることができたので記事にしてみました。特に棒高跳びが意外でした。
 逆に、高橋さんやイシンバエワさんが踊りを踊ってみるのも良いのかも???ちょっと見てみたい、と思いました。

 久しぶりに雨が降っています。酷暑の中で走らなくても良いように雨が降ったような気もしなくもない。。。

 きっと、良いことがあるよ。志村けんさんが困っている人にかけた言葉だったようです。ご本人がいつもご自分に言っていたのではないか、そのようにも思いました。泣ける。「仕方ない」とセットにすると、最強に思いました。
 そんな気持ちを忘れずに持ち続けることは、とても大切だなととも思います。

 今日も読んでいただきありがとうございました。
 好き週末を!!!

posted by 嘉本京子 at 15:15| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: