2020年07月14日

東京はお盆です

 7月も半ばに差し掛かりました。
 東京は、お盆を迎えています。13日が盆の入り、14日中日、15日盆明け、だそうです。
 嘉本は関西出身のため、お盆と言うと、8月がしみついております。東京のお盆には、馴染みがないのですが、色々と大人の生徒さんのお話を聞いてしきたりなども含め教えて頂いてます。

 調べましたら、明治政府が「太陽陰暦」から「太陽暦」を採用した時に、1ヶ月のズレができたからだそうです。
 東京は、新暦にすぐ対応できたけど、地方は、その頃は、農業のとても忙しい時期だったので対応できなかった、という説があるそうです。
 なるほど〜。日本の不思議なところですね。。。

 東京のご先祖様は、いそいそと「お先に〜」と言って、各ご家庭に戻られるのでしょうか。。。
 我が家の愛犬も、つられて一緒に戻ってきていそう。
 もうすぐ7年になりますが、7月15日午前1時すぎに、天国へ行った愛犬すぴ。
 鼻が「すぴすぴ」鳴るので「すぴ」。水色と、ひまわりがよく似合う犬でした。

 だいぶんと簡略化されてきて、場所も狭くなりつつある、お迎えスタイル。

IMG_0602.jpg
後少ししたら、主人が大好きなサーターアンダギーを買ってきてくれるはず。

IMG_0603.jpg
紀子先生からお花をいただきました。紀子先生、ありがとう〜。自分が用意したお花とそっくりで、対のようでびっくりしました。。。

 久しぶりにすぴを思い出しては、ムチっとしながらも、ちょっとガッチリしていて頼もしいボディと、かぐわしい肉球のにおいと、こちらを見つめる無垢な目に、癒されていました。

 東京のお盆をお過ごしの皆様も、ご先祖様を思い出しての3日間でしょうか。
 思い出すのが御供養と聞きます。天国の皆さん、喜んでくれてるかしら?すぴも、喜んでくれてるかなぁ。

 また会えるといいなぁ。

 時空を超えてオンラインで繋がれる私たち。あの世の方々とも時空を超えてオンラインで繋がることができたらいいのになぁ。
 自分があの世にいった時に誰か思い出してくれるかしら。
 でも、いつか、どんな人にも思い出してもらえない日が来ますね。
 誰にも思い出してもらえないご先祖様もきっといっぱい。そう思うと、人生とはなんとも儚いものですね。どんな人もおんなじなんだなぁ、と思うのでした。。。

 まだまだ、こちらでがんばるべし。楽しむべし。せめてご先祖の皆さんが心配しないようにしたいなぁ、なんて思います。

 今日も好き一日でしたでしょうか。。。
 読んで頂きありがとうございました!


posted by 嘉本京子 at 21:00| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: