2020年07月04日

小さな小さな発表会

 本日は九州の方で雨の被害があったようです。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 いつ関東でも同じような雨が降るかわかりません。気をつけていようと思っています。

 今日は、小さな小さな発表会がありました。
 幼稚園でのバレエクラスがスタートするにあたり、保護者の説明会にて小学生のパフォーマンスを見せてあげて欲しいという園長先生のお願いがあり、そのために2月ごろ、練習していた作品がありました。
 クリスマス会の時に自分たちで創作を発表しますが、その時の作品を披露することにしまして、毎週、私(嘉本)とリハーサルをしていました。

 しかし、新型コロナウィルス感染症の影響で、まずスタジオが休講になり練習が出来なくなり、そして説明会も中止となりました。

 中止。
 感染症のために、たくさんの催し物が中止となりました。
 ずっと「中止」の嵐にあってきた子供たち。

 通常レッスンが再開した後、せっかく練習してきた作品をお披露目したい、ということでしたので、今日、発表することになりました。

 同じクラスの子供たちと、保護者の方に来て頂きました。
 一緒に練習していた1人が急遽参加できなくなり、1人だけの発表となってとても残念でしたが、無事に終わりました。


3549A989-311A-4FD8-8B72-23888BBE6F10.PNG

 この発表には、もう一つサプライズがありました。
 このチュチュは、ゆりのきバレエスタジオを卒業して社会人となった生徒が、製作してくれたものです。素敵に仕上がっています!!!
 就職先も、きちんと、自分の目標通りの会社に入って、立派な社会人として活躍してくれています。
 コロナの自粛期間中に製作し、ゆりのきバレエスタジオに寄付してくれました。ありがたい、ありがたい。
 子供たちにその話をしたら、目をキラキラさせて喜んでいました。子供たちは、憧れのお姉さんですし、小さい頃アシスタントとして一緒にレッスンしていてとても身近に感じていたのだと思います。

 ジャストフィッティング。お直しなして、ぴったりでした。

 小さな小さな発表会は無事に終わりました。
 なかなか、イベントのようなものが出来ない中、3分ほどの時間でしたが、みんなにとって特別な時間であったらいいな、そのように思いました。
 生徒さんが、上手になっていく姿は、本当に嬉しいです。その道のりは、険しい時も厳しい時もあると思うけれど、終わってみれば良い思い出となっていることと思います。
 ただの思い出に終わらせず、まだまだ通過点で、これからも頑張って欲しいと、教師としては欲張って思ってしまいます。

 自粛や催し物の中止が続く中、少しほっこりした時間であったのなら嬉しいな、と思いました。

 大きな大きいな発表会は、いつ出来るだろうか、という状況です。元気な体と、何にも負けない精神力があれば、怖いもの無しか。後は、生徒さんたちやスタッフさんたち、ゲストの先生たちのご都合が上手く合いますことを願うばかりです。その時まで、英気を養っておこう。

 今日も無事に終わりました。ありがとうございました。
 好き週末を!
 読んでいただきありがとうございました!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: