2020年04月27日

融資・助成金の忘備録

 本日の八千代は、肌寒くなっております。今年はなかなか温かくならないですね。昨年までは、4月下旬から5月にかけて、昼間は半袖で夏のようだと思っていたように思います。5月末の運動会は、熱中症が心配で、午前だけの開催になっていたりしたのでした。今年の運動会はどうなるでしょうか。。。どんな形であれ、開催できることを祈ります!!

 さてさて、5月6日以降、緊急事態宣言がどのように変化していくでしょうか。
 心配していても仕方がないですが、なかなか切羽詰まった状況をお迎えの方もたくさんだと思います。
 もう、ご相談に行っている事業者の方も多いと思いますが、自分の備忘録のために「融資や助成金」についてまとめてみました。
 頑張って調べてみましたが、本当に、直感的にわかりにくい漢字や言葉のチョイスばかりで、嫌になりますわっ。。。でも見ているうちに、なんとなく伝えたいことがわかってくるような気がするから不思議です。。。

◉まずは、どんな支援があるのか調べよう

 ★TKCのページ

 私がお世話になっている「TKC全国会」の特集。自分が住んでいる地域を選択すると、どんな支援が受けられるか見られますので、要チェックです!

https://www.tkc.jp/lp/corona


 ★「新型コロナウイルス感染症で 経営にお困りの事業者の皆様へ 娯楽業経営者 」経済産業省リーフレット

結局何をしたら良いのかわからない、というオチがありますが、どんな対策を政府がしてくれいているのかが業種別にわかりやすくなっています。バレエスタジオに一番近いのが「娯楽業経営者」(←ちょっと違いますけど)ですが、他に「飲食業」「農林業」などがあります

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/08_goraku_flyer.pdf

経済通産省「新型コロナ感染症関連」 (←こちらのサイトの「業種別支援策リーフレット」をご覧ください。他にも新しい情報が掲載されています)


 ★緊急経済対策における税制上の措置   (経済産業関係)

税金(固定資産税・都市計画税の軽減、納税の猶予についてまとまっています)

https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2020/hosei/pdf/hosei_zeisei.pdf


◉お世話になるだろうなと予測される支援

 ★国税納税の猶予

 5月末に、消費税と申告所得税が引き落とし予定でしたが、連絡をすると1年ほど納税を猶予してもらえるそうです。消費税の納税に猶予がもらえると、本当に助かります。早速やってみる予定です。

 →4/27電話で確認したところ、只今国会で審議中とのこと。審議が通ったら、国税庁のホームページで申告書がダウンロードできる状態になり、必要事項に記入にして担当の税務署(嘉本の場合、千葉西税務署)に郵送で送るか、もしくは、E-tax(電子申告)を利用していたら、そちらで申請できるようです。基本1年間延期ができ、延滞料はかからない、とのことでした。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kansensho/pdf/0020003-044_02.pdf


 ★持続化給付金(現在検討中)

個人事業主やフリーランスの方も対象になる予定の給付金です。おそらく、国民1人10万円の給付が落ち着いたら審議されるのではないでしょうか。休業要請があり要請に応じた場合は、こちらの給付金が対応するようです。支援が開始されるまで少々待っていましょう。

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html#90

→速報版が4月27日に発表されました

 ★融資

休業要請が長引くようでしたら、こちらの融資が必要になってきそうです。無利子無担保です。

・セーフティネット保証制度(5号:業況の悪化している業種(全国的))

https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm

  • 借入債務の80%を信用保証協会が保証
  • 2.8億円(別枠。Hと共有)
  • 要件を満たせば保証料・金利ゼロの対象

・セーフティネット資金(市町村認定枠4号)

https://www.pref.chiba.lg.jp/keishi/ncov/colona3.html

  • 資金使途 :運転資金及び設備資金
  • 融資限度額:8,000万円以内
  • 融資利率 :1.0%〜1.4%(融資期間により異なります)
  • 保証料率 :0.75%

 ★小規模共済〈無利子で貸付〉

嘉本は税理士さんの勧めで、開業当時より小規模共済に加入しておりまして、こちらの利用もできるようです。この際にご加入も良いかもしれません。

https://www.smrj.go.jp/kyosai/info/disaster_relief_r2covid19_s.html


 ★事業の補助金として

小規模事業者持続化補助金(一般型)にかかる新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請について

https://r1.jizokukahojokin.info

以下に該当する事業展開であれば、補助金を申請できるようです。

@新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者

A賃上げに取り組む事業者

B計画的に事業承継に取り組む事業者

C経営力の向上を図っている事業者

D地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し、地域経済への影響力が大きく、その担い手となりうる事業に取り組むことが期待される企業として経済産業省が選定した事業者等

E過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓等に取り組む事業者



 高い家賃、従業員のお給料。大変な思いをされる方は、休業要請が続けば続くほど増えていきます。
 さらに、国のお金は一体幾らまで使えるのでしょう。

 一般庶民の私には全く手の届かない問題ですが、苦しむ人が1人でも少なくなること祈るばかりです。合わせて、自分もしっかりしていかなければと思います。

 今日は備忘録に徹しました。必要な方に必要な情報が届きますように。
 そして、今日も、好き1日でありますように。

 読んで頂きありがとうございました!

posted by 嘉本京子 at 11:53| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: