2020年04月23日

気をつけたいこと

 今は、WHOが否定しておりますが、3月末ごろフランス政府が「イブプロフェンなどの抗炎症剤の使用は、今回の新型コロナウィルス感染症には、使用しない方が良い」と発表されました。


 抗炎症剤を飲むと、サイトカインストームと言って、免疫の暴走が起きる可能性があるそうです。容態の急変は、その可能性があるよう。
 ただ、お医者様にイブプロフェンを処方されている方は、勝手にやめてはいけないとのこと。

 「急変」されてお亡くなりになる、という事象の報告が最近多く聞かれるので、記事にしてみました。
 初期症状に、発熱の他に、喉の痛み、頭痛などが報告されています。その時に、いつものことだからと市販薬を飲むのは、私は今は避けようと思っています。(そもそも、頭痛や風邪のために市販薬を飲むことが全くないのですが。。。)

 WHOが否定していますし、お医者様や、専門家の中でも意見が別れるようです。
 しかし、今は、触らぬ神に祟りなし、でしょうか。。。

 知っているだけで救える命があります。
 頭痛や風邪の症状のときは、今は気をつけましょう。

 いやあ、しかし。筋力の衰えが激しくなってきました。現実はまったなしです。危機感マックス。よーし、頑張るぞー!!!

 今日も好き1日でありますように!
 読んで頂きありがとうございました!
posted by 嘉本京子 at 15:50| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: