2020年03月29日

若者には若者が説得するに限る

 タイトルを書いた後に、ほんの少し前まで、自分こそが「若者」で、勢いのまま無意味な自信だけで突っ走ってたたけれど、もうそれは「思い出」というカテゴリーに入り、自分はただのおばさんなんだってことを自覚しました。笑。

 昨日、そんな大人の言うことに聞く耳を持たない若者には、若者から言葉を投げかけるべきだ、と言いました。
 そうしたら。。。



 おおおおーーーーー!ヒカキン!!!
 若者に、「家に居よう」と語りかけてくれています。もう若い方たちは、テレビは見ないですからね。。。これは、素晴らしい。。。

 実は、数日前にこんな記事を書いていました。。。


 息子がYouTubeを最近良く見ておりますけれども、ヒカキンさん、なかなかバランスの取れた良い青年だなと思っておりました。
 こういうしっかりしていて影響力のある若い方が、きっと同世代や、さらに年齢層の下の若者に対して大事な役割を果たしていくんだろうなあ、という思いを抱いておりました。

 影響力。ただたんに、「有名になりたい」などと言った自分の欲を満たす為に、その力に溺れることなく。そして、与えられた力の大きさを自負し、どう扱うか慎重に慎重に行動する。そんな謙虚な姿勢を彼の作品から感じました。自分を戒め、謙虚であり続けること。孤独に自分のできることを続けていくこと。なかなか出来ることではないと思います。頭の良い青年だと思いました。
 ただ正しいことを言うのでは、ここまでの影響力は得られなかったのではないかと思っています。どうしておこんなに影響力があるのか。まだまだ気になるところ。これからも、ますますご活躍になれること、祈ってます。。。
 まだまだ気になる人物、ヒカキンさんでした。
 言うことを聞かない若者に、ぜひ見てもらってください

 守りに入らないでかっこいい大人になってるはずだったけど、ただのおばちゃんになっちゃったなー。笑笑。それもまぁいっか。

 今日も日日是好日。
 読んで頂きありがとうございました。


posted by 嘉本京子 at 15:39| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: