2020年03月27日

若いということ

 都知事の会見を拝見して、千葉県民でございますが、これはいよいよかと肝を据えてこれから数週間を過ごそうと思っておりました。
。。。が、TVで拝見すると、変わらない繁華街での賑わいを見て、開いた口が塞がりませんでした。
 あまりブログではネガティブなことを書かないようにしようと思っていましたが、ちょっとこれは酷いなと。。。
 一生懸命感染に気をつけている人と、そうでない人の違いがすごいですね。
 そうでない人には「馬の耳に念仏」でしょうか。

 とはいえ。
 若かりし頃の自分はどうだったかというと、きっと「コロナなんか平気、平気」なんて言っていたかもしれません。
 若い頃には、意味不明な自信に溢れてしまっているもの。大人の提言に耳を貸す、ということがなかなか難しい。
 若いリーダーに、意識の高い人がいないのだろうか。きっといるに違いない。鶴の一声で、なんとか若者がはたと我にかえってくれるといいなと思います。
 こんな話をすると、老人も聞く耳持たない人がたくさんいると聞きます。これも、意識の高い老人に一言言ってもらうべきか。

 こういうことは良くあることですね。理解できる仲間と一緒にいる。話が通じないのは、問題の捉え方が違ってるからです。違いを認め合って多様性を生きるのが人間だけれど、それを悪いように解釈して自分勝手になるのは良くないですね。こんな局面の時に隣にいる人を見ると、自分がしてきたことがよくわかるな、そんな風に(ちょっといじ悪かしら。。。)思います。
 スタジオにお越しの皆様は、本当に協力的で助かります。マスクをしてレッスンも、まだ慣れずみなさんちょっとぐるじぞう(苦しそう)
 きっと、マスクをしないでレッスンが快適に感じる時が絶対来ますから、その爽快感を楽しみに頑張りましょう!!!

 なんで我慢ができないかしらん。自分の行動に責任を持とう。なんとか、ロックダウン(都市封鎖)を防ごう。それより何より、感染して息が苦しくて死んでいく時に後悔なんてする人がこれ以上いませんように。。。

 日日是好日。
 今日も読んで頂きありがとうございました(ちょっと怒りが入っててすみません
posted by 嘉本京子 at 15:35| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: