2020年02月22日

祥子さんの足揉み部屋

 本日、怒涛の土曜日が終わりました。ふう〜。
 今日もスタジオにお越しいただいた皆様、ありがとうございました!

 通常レッスンに加え、本日は、初の試みで、土曜日に「足揉み」の会を開催しました。
 
 国際若石健康研究会 日本分会 認定プロ 日本若石マスターズ協会 講師の孫田祥子さんをお招きして、スタジオ和室にて「足揉み」を行いました。

IMG_9806.jpeg
祥子さんと、今日初めて体験の紀子先生♪

 このブログを再開した頃とちょうど同じくスタートしたのが、足揉みの勉強でした。スタジオにレッスンに通ってくれていた祥子さんが、スタジオに置いてある「足揉みローラー」を見つけて、声をかけてくれました。「なぜにローラーが置いてあるのか???」と驚いて聞いてくれたのです。こうして、兼ねてより「足揉み」に興味があった私でしたが、若石の足揉みを祥子さんに教えていただくことになりました。
そのご縁で、最近は、わざわざスタジオにお越しいただいて足もみをしてもらえることになったのです。こうして文字に起こすと、人のご縁とは本当に不思議ですね。祥子さんが思い切ってスタジオに入会しようと思ってくださらなければ、私は足揉みを勉強することはなかったと思います。さらにさらに、そのご縁で、スタジオでは足揉みのおかげで元気を保っている方もたくさんいらっしゃいます。
 嘉本も、ちょっと忙しくて体力全般落ちてきたな、と言うときは、大抵足もみがおざなりになっている時です。そこから、足もみをやり直していきますが、まあ痛いのなんのって。そして、足もみがなかったら、一体私はどうなってるかしら?と軽い恐怖を感じたりします(笑笑)

 今は大人の生徒さんを中心に案内しておりますが、子供クラスの保護者の皆様にもぜひおすすめです。お子様の足を揉んでいただけると嬉しいなあ。。。かのイチロー選手は、プロになる前はお父さんがずっとイチロー選手の足揉みをしていたそうです。イチロー選手が、遠征先のホテルでローラーをかけている写真が公開されたこともあるそうです。あの美しい無駄なものが削ぎ落とされた肉体は、足揉みがベースにあるに違いないと思っています。。。
このご縁を生かし、足揉みの効果をできるだけたくさんの人に知ってもらいたい、そう思っています。今回は紀子先生にも体験していただけました。痛かったけど、すっきりした〜とご感想頂けました。

 自分の健康は自分で守る。いつからでも遅くないです。このフィーリングが大切な誰かを守ってくださることでしょう。そして、関わってくださるみなさんが、ますます年齢不詳になること間違いなし。。。

IMG_9809.jpeg
 足の裏にある、64の「反射区」。体と足の裏は繋がっているのですよー。
 全部を揉む→各臓器の機能があがる→血流も良くなる→全身が活性化する→治癒力が上がる。悪いところが見つかったら切除したり排除したりする西洋的な考えとは、全く違うアプローチ。西洋の医学も必要だけど、神様からもらった体にそもそも素晴らしい機能(絶妙なバランスをとって存在する)が備わっていると言う気持ちになれる、陰陽五行説を基にしている若石の考え方は私は好きです。

不定期で開催しています。また次の「祥子の足揉み部屋」が決まりましたら、ご連絡します。
 さあ、私も自分の足を揉んで、寝ます。
 好き週末を!

 今日も読んで頂きありがとうございました!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: