2020年01月10日

元気が出る絵(ふれあいカレンダー)

 快晴は続くよ。
 見事なお日様パワーを頂いてる八千代です。
 今月も、元気をもらっている絵があります。

Scannable の文書 (2020-01-07 21_21_51).png

 千葉県特別支援教育研究連盟、千葉県特別支援学級設置校校長会、から毎年発行されている「ふれあいカレンダー」。
 理屈を通り越して、絵から溢れ出るパワー。これは一体なんなのでしょう。。。

 先日の「World Ballet Day」で、ダウン症のお子さんがダンスを発表していました。
 一人の男性が、センターで手を天井にグーンと伸ばすのですが。もう本当に素晴らしかった。魂がこもった踊り。
 踊るって、そういうもの。本来は、誰でも持ち合わせている能力のように思いました。
 もちろん、ダウン症の皆さんもたくさんたくさん練習してできたパフォーマンスであったと思います。手を掲げた男性も、並々ならぬ練習の成果であったことと思います。練習の成果に乗っかって、言葉にならない思いが体を駆け抜けていました。圧巻だったよ。。。

 そんな大切なことをいつも思い出させてくれるのが、ふれあいカレンダーなんだなあ。

 いつも、ワクワクしながら、月ごとに次のカレンダーをめくります。
 一生懸命絵を描きながら、一生懸命生きている命が近くにあると感じることは、本当にありがたいことです。

 1月も3分の1終わりそうです。冬は間もなく終わるように錯覚させておいて、ズドーンと寒くなるに違いないです。ドカンと雪も降るよ、きっと。。。(と心算しておくよ、と。)

 今日も好き1日を!今日が終われば3連休の方もたくさんでしょうか。。。
 読んで頂き有り難うございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: