2019年07月22日

笑うことと、愛情深いこと

あんなに熱くて大変な夏も、ちょっと恋しい
曇り空にお隠れになってるお日様が恋しい。

選挙よりも話題性が高くなってしまったような、芸能のお仕事のこと。

いつものごとく、事務作業しながら、聞いておりました。
お笑い芸人さんのお笑いへのスタンスを、あらためてプロだなぁと感心させられました。
6000人もの人を抱えるということは、並々ならぬ重責があるだろうなぁと思いました。

その立場になってみないと、わからない。
その立場になって初めてわかる苦渋の思い、ということがあるように思います。
子育てをして、そのように思いました。明るく楽しそうに思えたお母さん業も、いざその立場になると、どうやったら楽しくなるかという発想も生まれないほど、大変なことの連続でした。私の場合は、お仕事をさせてもらっていたので、気が紛れることもあり、少しはましだったかもとも思えるし、スタジオを運営していかなければならないという少し重たい気持ちと、1人の命を預かるというこれまた重い責任に、ちょっと潰されそうな時も、あったよーななかったよーな。笑笑。

なので、簡単には他人のことには口出しできないなぁというのが、今の私の思いです。文句を言うのは簡単なのだ。

そこへ、松本人志さんの、考え、行動、すごいなぁと心から思いました。気をつけていなければ、声も場の雰囲気も重たくなりがちなところ、ちゃんと笑いも交える。それぞれの立場を思いやる。自分の思いも伝える。根本の思い(笑いが好きだ。吉本が好きだ)からブレない。

行動が伴わなければ、一つ一つの発言が空回って聞こえるけど、そうでなかった。愛情が深いなぁと。。。

今朝の山里亮太さんも素晴らしかった。凍りついたスタジオの空気をふわっと軽く明るく変えていました。そこには愛情を感じました。そして、笑いがそこにはありました。

この一連のゴタゴタを拝見して、自分もいろいろ考えさせられました。
愛情と笑い、が救うよなー。が、私の感想です。議論では前に進めない。

また考えてる。笑笑。

テレビなんてもう、あまり見なくなったけど(特にドラマ)お笑い番組は好きでつい見てしまいます。お笑いの人たちが元気じゃないと、日本の元気が出ないかもです。がんばって欲しいです。

今日も読んで頂いてありがとうごさいます。
今日も好き一日を!


posted by 嘉本京子 at 14:19| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: