2019年04月22日

平成メモリアル その1

幾つになるか今は未定ですが、平成を振り返って記事にしてみようと思います。

まず、私(嘉本)の中で、平成で語らずにいられないことといえば、「ゆりのきバレエスタジオ」。

平成14年(2002年)に、八千代でスタートしました。
平成15年(2003年)に第1回発表会を、八千代市市民会館小ホールで行いました。

その時の記念に母と妹に贈ってもらいました。

D81B3426-27A7-4353-AA41-F208413AA647.jpg

Afternoon Teaの、ティーポットとカップとソーサー。特別な時にだけ使おうと思ってるうちに、全く使ってないという、食器あるある。

西暦ではありますが、刻印された歴が、時間とともに意味が変わっていきます。

平成の半分を、スタジオとともに過ごさせてもらいました。
令和の時代に、どれだけ年月を重ねられるかわかりませんが、平成の16年ほどの時間の意味が問われるのも、令和の過ごし方にかかっているように思います。

あっという間の16年でした。
たくさんの方々が関わってくれたおかげで、たくさんの変化があり、あったからこそ続けてこれたのだろうなぁと思っています。

カップのように。
どんな飲み物が注がれても、主役は飲み物、でもカップがなければ飲み物は楽しめない。美しくありながら、飲み物をたてられるような、そんなスタジオでありたいな、なんて思います。

また、関わってくださった人たちの思い出のためにも、これからも1日1日を大切に頑張りたいと思います!

平成メモリアル、私の個人的な思いばかりになりそうで恐縮です。ちょっと続けてみようと思います。

暖かい日差しに、心もまどろみます。
良い一日を!!


posted by 嘉本京子 at 14:15| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: