2019年03月25日

オンラインで本が読めます

先日、昔の小学校の教科書で「夏みかん」が出てきた話を探していたところ、こんなサイトがあることを知りました。


国立国会図書館のホームページで、全てではないですが、オンラインで本が見ることができます

文字がデジタル化しているのではなく、著書の1ページこと画像でおさめてあります。

例えば、「清少納言」と入力すると、寛永年間の時代(1624年〜1645。調べたらこの短い20年に3代の天皇が変わられていました。江戸時代初期ののうです)に出された「枕草子」がヒットして、デジタルで見れます。無料で、会員登録も必要ありません。すごいー

知らなかったです。

もちろん、「枕草子」を古文で読めませんが、古い書物を気軽に、見てみたかった本を手軽に見れるのは素晴らしいです。ただ、著作権の問題がある本は閲覧できないようです。全ての本がデジタル化してるのではないようです。

ちなみに「バレエ」で検索すると、358件ヒット。ただ著作権の問題で見られるのは、バレエについての雑誌記事や論文などでした
本を探すのに一度こちらのサイトで検索してみる、という使い方も良いかもしれません。

どれだけの本が世の中にあるのでしょう。
1冊1冊にかけられた労力を考えると、知の泉のよう。何かにふけりたい時に、訪れてみると良いかも、と思うのでした。懐かし本に出会えるかもしれません。

老眼がひどくなる前に本が読みたいです

春らしい陽気が戻ってきました良い一日を!!

posted by 嘉本京子 at 11:20| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: