2019年01月15日

おもちゃのピアノ

1月15日になりました。
1月が半分終わりました。

もう15日経った、というよりは、まだ15日か!!という気がします。濃ゆい変化の大きい時間を過ごしています皆様は、いかがでしょうか???

久しぶりに、仕事の予定がない2連休を過ごしました。なかなかこのお仕事は連休がとりにくいです。逆にいうと、お休みが素直にありがたく思えるので、ありがたい。本当にゆっくりさせてもらいました。

お休みは、やっぱり家族と過ごすのが一番です。とはいえ、息子は男の子なので、遊びの極意というか真髄というか、やっぱり面白いと思えることが女子には共感しづらい気がして相手は主人に任せきり。

そんな息子は、2学期あたりから、何故か音楽を奏でることが好きになってきたようで。
学校で「ミッキーマウスマーチ」「小さな世界」をピアニカで練習しているようです。

小さい頃に、音楽が好きになってくれるといいなぁと思って、おもちゃのピアノを買ったのですが、これがまあ、酷い音程で絶対音感のない私でも、かなり凹む音程のズレでした。これでドレミファソを覚えてしまったら大変!と思って、代わりの音程のズレないおもちゃのピアノを、インターネットで探しました。これが、あるんですねーーー

2E82B2EC-39AD-4A37-B227-2229BD70CE51.jpg

幼稚園児だった時に、ドレミファを描いてしまいましたあれ?これももしかしたらオキシクリーンで落ちるかも??? 今度やってみよう。

タッチの強さで音の大きさも変わります。すごい

お休み中に、ひょんなことから、このピアノを出してきて、ミッキーマウスマーチや小さい世界を練習することに。

おもちゃだし、鍵盤の数が少ないからレパートリーが限られるけど、これが実に楽しい

息子と一緒に遊べること、見つけました

嘉本はピアノを中学生の頃まで習っていました。
ショパンなどの有名な曲には辿り着けず、ツェルニーや、ソナタ集を弾いて終わりました。最後の方は、ただ辛いだけだったなぁ

ツェルニーは覚えてないけど。

「猫ふんじゃった」は覚えていました。笑。ちょっと鍵盤足りないけど

それを、高速で弾いたら(むかーし、流行りませんでしたか???)やたらと感心されました。笑笑。

子供の時に夢中でやった事は覚えてるもんですっ。体が勝手に動きました。

ピアノがどうやったら上手になるか、はたまた上手になれなくても、今なら真面目に練習出来そうな気がするなぁ。

辛い練習も(笑)やっておいて損はなかった!
って、あの頃の自分に言ってあげたいなぁ。

本物のピアノは無理でも、電子ピアノでも家に置けるようになったら、息子の音楽熱は冷めないだろうか。。。いや、まずは、おもちゃピアノを堪能すべし!!!

幼い頃に聴き慣れてるのもあるけど、ピアノの音色って癒されます。家に音楽が溢れているって、やっぱりいい。
ただCDで耳で聞くだけでなくて、ピアノの鍵盤に触れた時に音が鳴ることと、その瞬間に、音が空間に共鳴して、体で聴いてる感じが良いのかも。何もいらねー、て思います

踊りもきっとそうであるに違いないです。
自分の体が楽器のように、音と共鳴して動かせたらいいなぁ。

2019年1月、平成最後の1月を、思う存分に楽しんでいきましょう



posted by 嘉本京子 at 11:34| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: