2018年11月25日

七味にはまる

京都に修学旅行に行った生徒さんから、お土産に頂いた七味(ありがとうございました!)とても美味しくて、ハマりました。

BFD23F66-4C84-42EC-BC17-983C8F03781D.jpg

七つの味の中に、「みかんの皮」が入ってるのですが、それが、とても良い香りと風味になっているように感じます。
辛いものは得意じゃないんだけど、美味しくて、なんでもかけちゃいます。

どうして京都に七味が流行ったのか調べてみましたが、あまりはっきりした根拠がないようです。
山の幸、海の幸にもあまり恵まれないので、美味しく食べるための古くからの知恵ではないかとのことでした。
七つの味の選び方や、配分のバランスにも奥深さがあるに思います。たくさん混ぜれば良いってわけではない、という。日本人らしさを感じました。
とにかく美味しくて。なくなったらお取り寄せしてもいいな、なんて思いました。七味にはまるなんて思っていなかったので、自分でもびっくり。
体も温まりそうで、寒い冬にはありがたいです。
8歳児も頂いてます。美味しいらしいです。
豚汁や鍋、普通のお味噌汁にもかけて頂きます。
こんな時に、やっぱり日本人で良かったぁ、と思うのでした。どの国の人も、母国の味にはそうおもうのかなぁ。
posted by 嘉本京子 at 13:45| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: