2018年11月18日

忘れたくないから、忘備録

わかっているのに、日々いろいろあるうちに、考えがブレてしまうことがあります。

いろんな節目で大変な目にあったり苦労が続くと、やっぱり自分の軸というか、考えの中心に戻ります。戻らざるを得ない、のです。
そう思うと、苦労は買ってでもしろ、てことなんでしょうか。。。

世界にはいろんな人がいて、いろんな職業の人がいて、いろんな人種がいて。。。
全ての人たちが網目のように複雑に絡まりながら、助け合いながら生きてるように思うのです。
私が八千代でバレエを教えてる、という事実が成り立つには、世界の反対側のアルゼンチンの人たちがアンデスの山々を見ながらトウモロコシを育てることと関連してたりするかも???です。

苦労は人それぞれ。みんな一生懸命に頑張っているし、その頑張りが一つでも狂ってたら、私はここに居ないかも。

だから、いろんな人の苦労に敬意を払いたいと思います。
特に、自分ならやらないであろうお仕事に就かれている方は、声に出さずともありがとうと心で思います。

通っているコアトレレッスン、仙川にあるのですが、ちょうどスタジオに向かって歩いている時にゴミ収集車に出会います。ゴミ収集のお仕事なんて、出来ないなぁ。。。本当にありがたいです。
普段は忘れてしまうこの思いも、ゴミ収集車を見るたびに思い出すのでした。

特に、私のように「先生」と呼ばれる職業は、指導するという立場が、謙虚な気持ちを奪いやすくなるように思います。
気をつけなければいけないな、と思うのでした。ちっちゃい八千代のバレエ教室ですけれど。

と、ちょっと思考の深みにはまる週末でした。真面目人間、極まる。笑。

子供クラスは、クリスマス会に向けて頑張っています!
大人クラスの皆さんも、お仲間が少しずつ増えて、楽しそうな雰囲気な溢れています。

来週に備えて、滋養に満ちた1日でありますように!!!

文字だけの時は、この人に助けてもらおう。あ、犬だ。
元愛犬に癒されてみるべし。

E39CC58D-96B6-44B2-93E2-E36701756EEE.jpg
「かーさん、何がしたいのさ」と目で訴える愛犬。
posted by 嘉本京子 at 11:06| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: