2018年11月16日

お味噌汁は、出汁をとらなくても大丈夫らしい

日本人で良かったなぁ、なんて思う時は、やっぱり美味しい和食を頂けた時ではないでしょうか。
お味噌汁も、そのうちの一つ。
朝晩冷えるようになったので、お味噌汁美味しいです。

しっかり出汁をとって頂いてた時もあるのですが、土井先生のことを知ってから、ちょっと変わってきました。

土井先生の著書「一汁一菜でよいという提案」を以前ご紹介しました。

土井先生は、出汁取らなくてもいい、ておっしゃいます。わおー。
素材の旨味が出るので、そんなに気にしなくていいとおっしゃいます。

そして、オリーブオイルで炒める。キャベツとか(自分流ですが、ナスもオリーブオイルで炒めると美味しい)オリーブオイルで炒めて、お水注いで、お味噌溶かしておしまい。簡単です〜。そして、美味しい。
もちろん、出汁ごと摂れると栄養の面でも良いから(かつお節は小腸に大事なアミノ酸が含まれてます)時々は出汁をとって味噌汁が理想的。←遠回しに、基本は手抜きと言ってます。

味噌のような日本古来からの知恵が詰まった発酵食品は、地味に摂っていきたいと思います。

へんな外食するより、格段に美味しいです。心から美味しいって思える食事ができて、本当にありがたい。今日もがんばろう!


posted by 嘉本京子 at 10:37| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: