2018年02月17日

金✨、銀✨おめでとうございます!そしてありがとう

すごいですね!やりましたね!!
羽生選手、金メダル。宇野選手、銀メダル
おめでとうございます!!!

今日のフリーの演技、残念ながら見れませんでしたが、(明日テレビを片っ端から見ます!)、昨日のショートプログラムで、もう大満足

皆さんも、言葉にできない感動を心にお持ちかと思います。
特に、羽生選手。「異次元の強さ」とNHKのアナウンサーの方が表現されましたが、深く唸りたくなります。異次元、でした。

小さい頃は大好きだったフィギアスケート競技も(伊藤みどり選手が、おもいっきりジャンプをして、外人は真似できない高さを飛ぶのを、なんだか誇らしげに思いながら見ました。芸術点が。。。と言われたけど、誰にも真似できない心に残る演技だったと思います)、いつしか、楽しんで見れなくなっていました職業病というか、なんというか、「どうして、あんな体の使い方ふるんだろ?」「膝がまがってる。。。」「衣裳、もうちょっと素敵になりそう」なーんて、どうしても考えて見てしまい楽しめなくなっていて、なんとなくテレビ中継していても、他にチャンネルを回してしまっていました。

でも今回の羽生選手には、本当に異次元に連れていってもらいました。あの長い手足、完璧な全くぶれない軸で回るジャンプ、綺麗なフォルムのスピン、時折見える感情溢れる動き、もうずっと見てたいです。ただのファンのおばちゃん。笑笑。たぶん、プーさんの被り物、今なら被れる。✌️。
私の中で、異次元に連れてってくれるパフォーマンスは、あと一つ。シルクドソレイユ、です。
安心して楽しめるのは、羽生選手とシルクドソレイユ生きてて良かった

今日は、朝から、ほぼほぼ全クラス、羽生選手の凄さを話題にしてみました。
みんな、心に響くことがあるようで、今日のレッスンがんばってました。

解説の村上佳菜子さんが、「羽生選手の細い軸」と表現されてました。なるほど!羽生選手の強さは、ぶれない軸。それが細い!
あの長い手足は、スケートには不利なはずです。やっぱりコンパクトな体のほうが、ジャンプには有利なはず。
細い細い軸は、羽生選手の手足の長さを生かすためになくてはならないもの、と思いました。

あとは、自己分析が素晴らしい。自分に厳しいからこそ、自分を心の底から1番信頼して応援することができる、そんなふうに思いました。

そして、思いやり。謙虚な心。ショートプログラムのあと、コーチ二人に挟まれて、出た点数「111点」にちなんで、右のコーチ1、自分1、左のコーチ1と、指でジェスチャーされました。3人一人一人のための「1」、1を3人で1個ずつだね、としたのです。この場に立てているのは自分だけの力だけじゃない、いろんな人のお陰だと理解していて、とても謙虚にスケートに臨んでいるのがわかる瞬間でした。

熱の入れようが半端ない。笑笑。

細い軸。
謙虚な心。
正しい努力を、正しく続ける。

羽生選手にあやかって、私たちも頑張りたい、と素直に思える今日です。
日本中に、いや世界中に感動をありがとうございました!!

57EBFC02-259A-4EF4-B37A-2E37E4153564.jpg
(毎日新聞から写メですみません。子供たちに、羽生選手みたいになれる可能性はゼロじゃないよ、と言ったら、みんな「よっしゃ頑張ろう」という目つきになりました。ゆずパワー、しばらくあやかりますっ


posted by 嘉本京子 at 23:43| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: