2018年01月18日

「リジック整骨院」山下哲哉先生

発表会にむけて、リハーサルもさることながら、衣裳の準備、男性ゲストの先生方のスケジュール調整、リハーサルの場所の確保など、先生方のご協力のもと進んでおります。
そして、自分の体のメンテナンスも、本番にむけて気合いを入れ直しております。

96BBB54B-CEF9-41A0-AAEC-F01583161A23.jpg
(山下先生とスタッフの皆さん。お忙しいなか
、癒しの笑顔頂きました!)

今日、東京都内の春日、代々木、池袋に治療院のある、リジック整骨院にお世話になってきました。

紀子先生にご紹介頂いてから、早10年は経ちました。以来、院長の山下哲哉先生には、お世話になりっぱなしです。

骨折や捻挫で本番を危ぶまれた生徒が、無事に舞台で踊れたのも、先生のおかげです。いつも惜しみないサポートを頂いております。ありがとうございます!

ここだけの話。
地元の整形外科の診断と先生の診断が全く違うことがあり、そして山下先生のほうがあってるということが沢山ありまして。。。先生がレントゲン写真を見る力は、神通力なのです。

整形外科は整形外科での役割があると思うのですが、「湿布をして安静にしましょう」と言われてそのように過ごす間に、ダンサーの場合はしなくてはならないことが沢山あったりします。
山下先生はダンサーを良くみていらっしゃるので、怪我が治るスピードに合わせてレッスンの頻度や増やし方、怪我にいたった癖のある動き方に対してのエクササイズなどまで教えてくださいます。
縁の下の力持ちきっと沢山のダンサーが先生に救われていることと想像いたします。

私の体も、本当は自力で整えたり、筋肉が痛んだり固まらない動き方をすべきなのですが、先生のプロの手には敵わないところがあって、お世話になっております。
本日の治療を終えて、しばらく通えていなかったもので、先生も私も苦笑。やっぱり固まってしまうところは一緒なのです。うむ。なんとかしなくっちゃ。

ずっとご紹介したかったのですが、やっと伺えることができて良かったです
先生、スタッフの皆様、これからもよろしくお願いします!!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: