2017年09月19日

Dangerous(マイケル・ジャクソン)

バリシニコフさん受賞でうかれて、いろんな踊りの海を泳いできました
 最後に辿り着いたのは、キング オブ ポップ、マイケル・ジャクソン!
 マイケルも、先日ご紹介したアステアをリスペクトされてたとか。
 その証拠に、というか、偶然だったのかもしれません。こちらの「Dangerous」。アステアのトップ・ハットの構成、衣裳がそっくり。最後に回りの男性ダンサーが倒れこむのも、似てる。。。

 キング オブ ポップが抱えていたものは大きすぎて凡人にはわからないけど、アステアさんをリスペクトする感覚がちょっと共有できたなんて、めっちゃ嬉しすぎます。。。

 バレエとは遠いポップの世界でも、踊りや表現にかける思いは一緒だった、ならいいなぁ。キング オブ トップよ、永遠なれ!

秋の夜長のため息が出る踊りシリーズ、おしまい

posted by 嘉本京子 at 22:44| Comment(0) | ため息が出る踊り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: