2017年06月18日

第21回 鼓組夜祭『開』に行ってきました

今日は「第21回 鼓組夜祭『開』」に、紀子先生と行って来ました。地元八千代の進学校である、八千代高校の和太鼓の部活動の公演です。

 きっかけは、お正月
 バレエを辞めても、発表会をお手伝いしに駆けつけてくれては元気な様子を見せてくれてた教え子からの年賀状でした。
 6月に、高校生活で頑張ってきた部活動の公演があるので、ぜひとも見て欲しいと書いてありました。

 紀子先生が、〇〇〇の公演が近いけど連絡とったかを聞かれて、そうだそうだと慌てて連絡とり、チケットも頂くことが出来、そして本日迎えました。

 08EB52FF-B4DA-415D-8DFF-F8F9A2A1A028.jpg

いつもは、お客さまを迎えるばかりですが、今日はお客として長蛇の列に並びます。新鮮
私たちの発表会もですが、この客入れをスムーズにするのが、なかなか技量のいることだったりします。30分で1400弱ほどの人々を着席して頂くのは大変ですね。。。八千代市民会館はロビーが小ホールと兼ねているので、どうしてもごった返してしまいます。。。
でも、これから始まる舞台への期待感か、皆さん終始笑顔で客席へ流れているようです。

57D5B5C7-37EB-4F1D-B781-95D35845418B.jpg

センスの良いロビーの装飾。舞台への期待がさらに膨らみます。

本番の写真はNGですので、残念ながら肝心な熱気は写真ではお伝えできないのですが。。。

素晴らしかったです。

磨き上げられた、余分なものを削ぎ落とした肉体、がそれを証明していると思います。

おそらく、始めるきっかけは、「かっこいいから」「楽しそうだから」などなど、ちょっぴり不純な動機もあったことと思いますが、2年3ヶ月という神様から与えられた時間の中で、ただひたすら太鼓、笛、それぞれの楽器に向き合ううちに、無心にリズムを打つことの喜びに目覚めてしまったのだろうなぁ、なんて思いました。

実は、中学生のころ吹奏楽部に所属していたころがあって、打楽器をやっていました。メトロノームとにらめっこしながら、ただリズム打ちをする練習するのですが、それが、めっちゃ楽しいのです。あれ、私だけかな(笑)バレエ第1優先でしたが、それなりに吹奏楽部も頑張って、スネアやドラムを三つ編みでたたいてました(笑)打楽器奏者かバレエか悩んだ時期も。今から思えば一瞬ですが打楽器、実は大好きなのです。今日私の中で眠ってた何かが起きそうでしたが、そーっと蓋をしてます。

そんな私の過去の記憶とは、雲泥の差がある稽古の量であろう彼らのパフォーマンス。
あんなに無心で叩けるまで、どんなに練習したのかと思うと気が遠くなりそうです。

プロ顔負けと言って良いと思う今日の演奏。
明日から、学校行けるのかしら???明日から部活しないで勉強に専念って残酷すぎると余計な心配してしまいます。大丈夫かな。。。

実は、ゆりのきバレエスタジオ出身の子が2人も出演していました。
彼女たちが、上手下手それぞれに置かれた台座に1人ずつ上がって踊り出した時は、おもわず声が出そうになりました
生き生きと踊る姿は、本当に感慨深かったです。

客席にも、出演している教え子の縁でスタジオに通ってくれていた懐かしい面々たちとに会えました。わざわざ挨拶しに来てくださる方もいて、短い時間でしたが、一緒に過ごした時間を思い出し、濃厚な時間を過ごさせてもらいました。

客席は、ご年配の方がたくさん。きっと鼓組のファンの方なのかしらと思いました。若い人が、何の計算もなく、ただただ太鼓に魂を打ち込む姿は、神々しいです。明日からがんばろうと、素直に思えますし、パワーを貰えるというか、純真に戻れるというか…細かな理由は人それぞれでしょうが、逆に言うと理由がなくとも、惹きつけられるものがあるのかもしれません。

全力注いでがんばること、やっていかなぁ!と思いました。

今日は、こんなに素晴らしい体験ができて、心よりお礼申し上げます。
誘ってくれた〇〇〇ちゃん、本当にありがとう。
一生懸命に打つ姿、とても美しかったです。
全力で何事もやる力は、これからも助けてくれると思います。大切な仲間と過ごした時間は、何にも変えがたい財産ですね!!!
これからも、がんばってね!!!

80127842-4FAB-4AA1-BB64-0954F22AF907.jpg
立派なプログラムに、手ぬぐい、頂きました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック