2017年05月03日

体のお勉強。GWにぜひ!

毎日ブログをアップしよう、楽しくなくなったらやめればいいだけだし!
。。。と思って初めたブログです。大きな目標も小さな目標もなく(笑)、ただ、自分が楽しく毎日続けられるといいなと思ってるわけですが、いつも今日は書くことがないかもしれないと、内心焦りつつ(笑)過ごしています。が、必ずや何か書きたいことがやってくるようになり、焦りと、ホッと一息が交互にやっていきます。そのうち慣れるかしらん💕

今日は、八田先生がほぼ毎日体のお勉強シリーズとしてブログやフェイスブックに記事をあげてくれているのですが、バレエに特化した記事でしたので、その関連で。。。

こちらがその記事です。
坐骨も力を入れない 縮めない

私も背中が硬い人ですが、八田先生のおかげで少しずつ改善に向かっています。ですので、今日の記事にある様に、坐骨・恥骨・骨盤底筋を締めたりすると、途端に背中から首にかけて嫌な緊張が走って、体が動かなくなることがわかります。呼吸もしづらい〜。

〜記事より〜
「恥骨や坐骨、骨盤というのは、何かに反応して自然と調整するもので、故意に色んなことをすると、必ずそれに対する緊張が勝手に発生し、毎回やるもんだから、それが少しずつ緊張の蓄積、地層を形成して、がっちかちですよ、の筋肉の岩を作ります。」
ふむふむ〜!何気ない言葉で綴られているけど、とても大切なことに感じます。自然に調節するものは、自然に任せるに限るのですね…
大人クラスのストレッチの最初に、「体には自然に調節する機能が携わっているので、一旦こうしたいああしたいという気持ちを抑えて、体に任せて見ましょう」と言いますが、不思議と体の緊張がほぐれて、骨が自由に動かせる感覚になります。見ていると、生徒さんも、一気に緊張がとれた背中になります。先生の言葉にちょっとリンクしていてホッ💕

記事には、動画もあります。男性ダンサーの方がどんどん軽やかに変化していく様が、本当に素晴らしいです。ぜひご覧になってください。
フェイスブックが見られない方は、こちらから!
先生のブログです。
http://d.hatena.ne.jp/eigon/touch/20170503/1493769958

そして、先生の毎日の体のお勉強シリーズ、すごいですよ。目👀から鱗がいっぱい!
GWお忙しい方もいっぱいでしょうが、もしお時間があるわっなんて方は、ぜひ読んでみてください。

eigonだって泳ぎたいブログです。
Facebookでも毎日更新されています。一般公開されているので、検索して見てみてください。

あ-!でも読みだすと止まらなくなります(笑)ぜひ時間に余裕を持って、閲覧くださいっ。

しかしですね、先生もよくおっしゃいますが、ライブが一番!言葉での表現だと難しそうに感じることも、全くそうでなかったりします。ぜひ、たくさんの方に先生に直に教えてもらえる機会に巡り合えること、祈りますです。はい。

こういった感じで、「カラダの底ヂカラ」シリーズを始めたいと思います。読んでくださるみなさんに、カラダに関連することで、気持ちも、まさにカラダも軽やかになる様なことが見つかりましたら、記事にしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

GW後半!皆様良い休日をお過ごしください!
posted by 嘉本京子 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダの底ヂカラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック