2021年03月31日

明日から4月

 明日から4月です。
 1日にお参りができないので、本日、お一日参りに行ってまいりました。

 今月も来られて、ほっと一息です。

IMG_1880.jpeg

 神社の中には5分ほどしか居ないのですが、世の中の喧騒とは全く違う世界が広がっていて、しばしの癒し時間となります。
 「なんとかなるよね〜」という気持ちになるのが、本当に不思議です。

 こうして、1ヶ月に一回、リセットに訪れることが、今の自分にはとても大事であったりします。
 なんだかんだ言っても、元気に暮らせることに感謝して参りました。心の平安が、このまま続きますように。。。

 明日から4月です。心機一転、環境が変わる方もたくさんでしょうか。
 皆様にとって好きスタートがきれること、心よりお祈り申し上げます。

 さて!今日もこれからレッスンです。がんばりまーす。

 今日も好き1日を!
 読んで頂きありがとうございました!



posted by 嘉本京子 at 15:47| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

今一度、感染対策を!

 大阪で、本日の感染者が400人を超えたそうです。
 栃木で、小学校のクラスターが発生したそうです。
 さてさて。

 ただ今、幸いに春休みなので、学校でのクラスターは防げますが、今までと違って、子供たちにも感染が広がっている可能性があります。子供にも感染しやすいウィルスに変化した???
 家庭内感染が広がっている、という報道もあります。これも、子供に感染が広がりやすくなったので、家庭内感染が増えた可能性があるのかもしれません。

 とにかく、今一度、感染対策をしっかりと行いたいと思います。
 春休みだから、息子を連れて出かけたり、いろんな人と会って会食したいけど、グッと我慢。

 息子が、「大阪に行きたい〜」と言っていました。今年はお正月の帰省を自粛したのもあるのだと思います。でも、今はやめておきます。ゴールデンウィークぐらいに、少し落ち着いていたら良いけど。でも、人が出回ると感染が広まるなら、ゴールデンウィークに出かけるのはNGになるのかな。
 これを機に、日本全体で、分散してまとまった休日をとるようにできるといいけど、どうかな。。。

 ただ。
 コロナが、「風邪」のような扱いになれば良いのに、とも思います。必ず治る(死亡者の平均年齢は79.3歳。長生きしたかったら、コロナにかかれ!というブラックジョークも。。。苦笑)のだから、風邪と一緒。風邪は世の中からなくならない。風邪にはワクチンは打たない。

 そんな風潮になればいいけど、今はその時期ではなさそう。
 今はじっと耐え忍ぶしかないか、と思います。
 でも、「誰かのため」と思えば、それは「我慢」ではなくなります。
 「自分勝手な行動」を控える、という気持ちになります。
 その気持ちを世界中の人が持てたら、本当に素晴らしいことだ、とも思います。
 コロナよ、それが狙いなのですか???

 ただ。 
 変異ウィルスが、小さなお子様にどんな影響を与えるのかが、少々心配です。
 息子も、休みをいいことに夜更かしモードになってきているので、体調管理を気をつけなくては。。。
 また、この時節も、みんなの力を合わせて乗り切れたらいいですね!

今日も好き1日を!
読んで頂きありがとうございました。
posted by 嘉本京子 at 20:12| Comment(0) | 新型コロナ感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

3月も間もなく終わり

 昨年の今頃は、新型コロナ感染症の影響で学校が休校になり、レッスンも休講になり、異例ずくめの日々でした。
 その名残があるようなないような。。。今がもう年度末だ、という気持ちがすごく薄れてしまいます。

 もう3月が終わろうとしています。

 息子が小学校低学年の頃は、まだ1人でお留守番ができないので、長期のお休み(春休み、夏休み、冬休み)になると、息子の祖父母のご協力をいただくため、スケジュールをたてることが必須でした。今はそれもなくなり(1人でお留守番が可能になるどころか、親がいない1人の時間を楽しみで仕方がない、までに成長しました。笑。)、気づいたら春休み。。。それも、一因しているのかしら???とにかく、気づいたら春休みが始まっていて、年度末を迎えようとしています。時の流れが早すぎです。くすん。

 そんなさなかでしたが、昨年からスタートした幼稚園での指導ですが、本日で一区切りつきました!今年度最後のレッスンが、今日、無事に終わりました。おかげさまで、「年度末だ!!!」という気持ちになりましたし、地続きだった未来へのぼんやりした気持ちが、いったんグッと引き締まリました。

 バレエを指導する、ということには変わりはないのですが、場所や環境が変わると、様変わりするものです。
 なにはともあれ、レッスンを受けてくれている園児の皆さんには「楽しい」と言ってもらえてるので、ほっと胸を撫で下ろしておりますが、まだまだバレエの楽しさを伝えられてない部分があり、次年度も頑張って行きたい、と思っているところです。

 みんながみんな、バレリーナになるわけではないけれど、自分にできる努力を日々頑張ることが、いずれ自分を支える力になる。
 情熱を持って練習をすること、礼儀をわきまえること、他人を思いやること。これらのことを、ことあるごとに伝えられたらいいな、と思っています。三つ子の魂、百までも。

 スタートした時はグダグダだったのですが、グループでスキップしながら動くことも、今日はすんなり出来ていて感激しました。園児の皆さんの成長が見られて、今日は感激でした。ホッ。

 私(嘉本)にも、たくさんの学びがありました。いつもスタジオに送迎してくださる保護者の方たちのありがたさ。「バレエを続けたい」とシンプルに思ってくださるお子様と、そして保護者の皆様。本当にありがく思います。それが当たり前のように思っていた自分に、昨年は喝が入りました。。。

 「バレエ」という習い事は、私が幼少の頃は、「特別な習い事」だったように思います。
 今は随分と環境が変わりました。
 「少子化」に加え、「バレエをやってみたい、という習い事としての人気」は下降気味のように思います。他の習い事が増え、今のお子様たちには、選択肢がたくさん用意されています。ダンス、体操、トランプリン、新体操、チアリーダー、英語、そろばん、初動、ピアノ、。。。バレエの地位は下がっていると思います。でも。。。

 バレエは、後にどんなスポーツに変更してもまるで問題などころか、体の重要な基礎づくり(体幹の強化、足指の強化、音楽を聴きながら動く=脳の活性化)を担っているので、どんなスポーツにも役立つと思います(小学校の授業に取り入れられたらいいのに、って本気で思っています。
。。。)。そして、大人になっても続けられます。個人的な思いとしては、流行り廃りや、安易な楽しさだけを追求したものでない習い事を、ぜひ保護者の方はお子様にみつけてあげて欲しいと思います。そして、継続は力なり。大人になっても続けられる習い事があるって、すごいことだと思うのです。何をお子様に差し上げられるのか。大事なことは何なのか。こうして、ちっさい声でぶつぶつ言い続けると思います。笑。

 今日も好き1日を。
 読んでいただきありがとうございました。



posted by 嘉本京子 at 17:54| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

「お別れが寂しい」という経験に思う

 先日、息子は、無事に修了式を迎えました。
 学校に帰ってくるなり、珍しく、学校での出来事を教えてくれました。

 ・理科を教えてくれた教頭先生が、小学校から移動になった
 ・デジタルの画面で発表になって、教頭先生の名前が出た途端、女子のほとんどが泣いてしまった
 ・自分は涙が出なかったけど、女子たちの泣いている様子で、心がなんかドキドキして泣きそうになった
 ・水道で目を濡らして泣いたふりをしている子もいた(オプションの笑い話。笑。)

 といった内容でした。
 今までに経験したことのないことだったようです。
 「悲しかったの?」と聞くと、「うん、悲しかった」とのことでした。

 教頭先生は、「怒ると怖いけど、優しかった」そうです。
 きっと、先生の愛情がダイレクトに子供たちの心に届いていたようです。
 今までも、担任の先生方は良い先生方でしたが、教頭先生は、また違っていたようです。会えなくなることが寂しい、と報告を受けたのは初めてでした。

 「怒ると怖いけど」という話のくだりで、「ママみたいな感じでさぁ」と、例えに私の名前が上がりました。いやぁ、大変恐縮です。感情で怒らず、「叱る」ことに大変気をつけてきたつもりでしたが、ちゃんと息子に届いているようで安堵いたしました。ふぅ。「叱る」時は、半端な気持ちでは、叱りません。命をかけて叱ります。

 子供たちを育てる責任は大人にあります。愛情は、ちゃんと子供たちに届いているのだ、と思う出来事でした。
 すべからくは、教頭先生のような方が増えて、学校の先生という権威が保たれることを祈るばかりです。

 信頼できる大人がいる、という経験が息子に舞い降りたこと、心から感謝いたします。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました。




posted by 嘉本京子 at 19:18| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

新しい出会い

昨年の今頃は、新型コロナウィルスの全貌がわからないまま(今もわからないと言えばわからないですが。。。)、学校が休校になったりして、動揺が隠せない時期でした。

新しい習い事なんて、考える余地もありませんでした。

あれから1年。
緊急事態宣言が解除されたのもあって、体験レッスンのお申し込みをたくさん頂いてます。嬉しい限りです。

マスクをしたまま、お会いするので、きっとマスクがとれた時にためらいが生じそうです。。。
それでもマスクが取れる日が待ち遠しい。

 新しい出会いがたくさんある春となりました。

 今年は発表会があるので、子供クラスは4月末を目処に一度募集をストップします。
 入会をご検討されている方は早めにご連絡頂けると嬉しいなぁ。。。と思います!!

 コロナ禍であっても、入会してくださる方々がいらっしゃることに、心から感謝。
 また1年を無事に過ごせそうです。
 ご入会頂いた皆様に、バレエの楽しい思い出がたくさん出来ますように。。。

 今日も読んで頂きありがとうございました!
 今日も好き1日を!

posted by 嘉本京子 at 23:29| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

気になる人の本

 やってしまいました。
 オードリー・タンさんの、著書「自由への手紙」を、ポチ。

 じゃじゃジャーン。

IMG_1862.jpeg
IMG_1861.jpeg

 私(嘉本)は、20代の頃から、老子が好きです。老子が、この世で最高の師、だと思っております。人生に悩んだ時は、老子に聞け。
 オードリーさんも、老子を読みあさったと紹介されています。中学生の時、ですが。。。ちょっと嬉しい。

 最初の「本書を手にした日本のみなさんへ」で、もう心奪われています。久しぶりに、ハマりました。

 自分の考えを押し付けるわけでなく、知識を自慢げに広げるのでなく。心地よい言葉で、心の奥にまで届くようなお話がずっと続きます。こりゃぁ、なんだろうー。

『自分の可能性を力に変え、その力を誰かのために役立てることです』
(本書を手にした日本のみなさんへ、より1文)

この本を、ぜひ、若者に読んで欲しいと思いますっ!この本を読めた若者は、ラッキーだと思います。

 ちょっと残念なのは、息子に少し読んでもらいましたが、まだ「ちんぷんかんぷん」とのこと。うーん、今はダメでも、そのうち読んで欲しいぞっ。

 もっと残念なのは、自分がもう若者でないことです。笑笑。
 でも、みんなにとっては、1週間のうちのほんとにわずかな2時間あまりの少しの時間ですが、「若者」たちと触れ合う機会が、私には「ある」ということ。みんなに、安心して未来の日本を託せるような人物に成長してもらえるよう、微力だけれどがんばりたいですっ。頑張ろう。

 50才を目前にすると、こんな思いになるのですね。生きる、って面白い。

 今日も読んでいただきありがとうございました。
 好き1日を!!

posted by 嘉本京子 at 22:32| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

魔法の鏡

 バレエには、いろんな「型」があり、それぞれの型に名前があります。

 足の位置(ポジション)に名前がついていて、1番、2番、5番が主なポジションです。5番は有名ですね。

 手の位置(ポジション)にも名前がついていて、主に4つのポジションがあります。アンバ、アンナバン、アンオ、アラセゴン、と名前がついています。

 手のポジションを美しくキープするには、いろいろ気をつけること、があります。
 手の平の向き、もそのうちの一つです。とても大切です。
 「アンオ」というポジションでは、手の平は、自分の方に向けます。手首が力んでしまうと、外側に向いてしまいます。

 「そんなつもりはない」けれど、無意識でやってしまうことが、バレエをやっているとたくさん出てきます。
 無意識でやっていることに気づいて、自分なりに修正していくことが大事になります。

 手の平の向きを気をつけるために、師匠がよく子供たちに言っていたことがあります。(子供にわかり安く教えることが本当に師匠は素晴らしくて、いつもアシスタントをしながら、感嘆したものです。お金とは引き換えにならないものをたくさん受け取りました。ありがたいことです)

「魔法の鏡が手の平にあるわよ。その鏡には、『かわいい子』しかうつらないのよ〜」でした。

 先日のレッスンで、キッズのお子様たちに、そう伝えてみました。みんな嬉しそうに楽しそうに、手の向きを気をつけてくれました。
 でも、実際にイメージがしずらそうなので、メモ用紙に使う小さな裏紙を手渡して、実際にメモ用紙を手に挟んで、手の平を感じながらレッスン。少し、意識できたかな〜。

 さてさて。メモ用紙を渡したことをすっかり忘れてしまって、次のレッスンを迎えました。
 突如思い出して、今日もメモ用紙を手に挟んで練習してみようと思って、(まさかメモ用紙だし、「また使うから、とっておいてね」と声をかけるのも忘れてしまったので、とって置いてないだろうな。。。新しいメモ用紙を渡そうかな?)と思っていたら

 「持ってるっ」
 「絵も描いてきたっ」

IMG_1857.jpeg

 わぁ。感激して、写真を撮らさせてもらいました。師匠も天国から笑って見ていてくれているかしらっ。
 写真だと少々わかりにくいですが、魔法の鏡が、描かれております。
 可愛く映っているかな???

 ただのメモ用紙を、大事にとって置くだけでなく、私の言葉を良く聞いて受け止めてくれているお子様たち。。。
 まだまだ頑張らなくてはいかん!と思う瞬間なのでした。
 師匠もきっと、まだまだがんばれ、と言ってくれているに違いありません。はい、がんばりますっ。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました!


posted by 嘉本京子 at 11:10| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

気になる人

 インターネットが素晴らしいのは、素早く自分の知りたいことが知れること。
 昔なら、図書館に行ったりして調べなくてはいけなかったです。新聞もくまなく読まなくてはいけなかった。
 今は、気になる言葉を選んで検索すれば、すぐに情報にたどり着きます。ありがたいありがたい。

 台湾のIT大臣、オードリー・タンさんが、気になります。おっしゃる言葉に、いつも感嘆してしまいます。
 オードリーさんが、今、何を思い、発言されているのか。その熱量みたいなものも、インターネットから集めることができます。ありがたいありがたい。
 気になる人、オードリーさんの記事を、自分の備忘録としてちょこちょこまとめて記事にしようと思います。


 「Fast(素早く)」「Fair(公平に)」「Fun(楽しく)」
 この3つのキーワードに感嘆。生まれた経緯に感嘆。

 ドラえもんが生まれる日本。ロボットは敵対するもの、と言う海外のイメージとは真逆。目から鱗だなぁ。
 AIが急速に発展していく中での指針や、関わり方をオードリーさんは提示してくれているように思います。

 オードリーさんが育った、ハッカーたちが集う「g0v」について。これは、すごい。多民族国家だからこそ、お互いを理解したい、手を取り合いたい、という渇望がある土壌があってこそ、このような優秀な人たちが集うコミュニティが生まれるのだろうか。。。羨ましい。

 日本の優秀な人たちは、今、何をしているのだろうか?
 少し「めんどくさいなぁ」と言って、その才能を眠らせているのではないか?なんて思ったりするけど、どうだろう。

 東日本大震災のような大きな災害はとても悲しいけれど、あのような辛い出来事があってこそ、日本人らしさが重い頭を上げるのかもしれない、と思いました。万事塞翁が馬。

 兎に角。オードリー・タンさんは、大注目中。気になる人の本命です。これからも、忘備録で、いろいろ記事をアップすると思います。ご著書が発売されたようなので、それも要チェック。本当に頭の良い方は、わかりやすい言葉をお使いになるのですね。心に浸透するようなお話ばかりでした。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました!

posted by 嘉本京子 at 11:07| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

いろんなお仕事

 今や開設して18年ほど経ちましたが、開設した当初は、もしもスタジオ経営が上手くいかなかったら、スーパーのレジうちの仕事をしようと思っていました。今でも、レジ打ちできます。でも、どんどん機械が正確に処理できるようになってきているので、いずれ人の手がいらなくなるお仕事でしょう。うーむ。

 この世の中で、どんなお仕事をしようかと、人は世の中を見渡す時期があると思います。
 そして、誰もやりたくない仕事が「ゴミ」に関連するお仕事ではないかなと思っています。誰もやりたがらない仕事をやってくださるごみ収集の方々は、すごいな、と思っているのです。誰もが出来る仕事でないです。

 こんな記事を見つけました。


 ゴミ屋敷を見て、ゾゾゾーっとしてしまいますが、それを、ちょっとポップな雰囲気で包んで、ゴミだらけにしてしまう人たちを優しく見守る会社。すごいですっ。社員さんのとびっきりの笑顔の写真に、やられました。
 そして、楽しくお仕事をされている。すごい。。。
 一度、「どうして自分がこんなことを。。。」と思ったら最後、このお仕事はできないように思います。

 YouTube動画、3本くらい見てしまいました(玄米茶の動画見ました。どうして玄米茶だったのか聞きたい。。。)。
 世の中には、こんな観音様のような人たちが集まった会社があるのですね。。。すごい。

 スーパーボランティアの尾畠さんもだけど、奉仕のお気持ちが育っている方達は、本当にすごい。なかなか、こうはなれません。。。

 いつ、どんなことがあって、ゴミを捨てられない人になるかわかりません。そんな時に、こんな風に笑顔で横に居てくれる人がいるのは、救いだろうなと思います。笑顔でいるのは、やっぱり最強なんだろうな。。。頑張ろう。

 今日も読んでいただきありがとうございます。
 好き1日を!

posted by 嘉本京子 at 21:23| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月22日

育てる

 私(嘉本)が、バレエを教える仕事に就きたい、と思ったのは、自分が携わった人たちがバレエを踊ることで笑顔になることが嬉しかったからでした。
 誰かを笑顔にできる仕事だ、と思ったのです。生きていく中で、「覚悟」が決まった初めての日だったように思います。22才の頃でした。

 それから紆余曲折。

 心から笑顔になるには、本当の笑顔になるためには、少し嫌な経験も必要だったりします。人生にはいろいろあるのだ。体もいろいろなことが起こる。
 いろいろあるけど、一生懸命やることが大事です。一生懸命やれる気持ちになることが大事です。
 そんな大事にできる気持ちや心を育てる。「育てる」という言葉が、最近重要な言葉になっています。


 こちらの記事の中にある動画で、ヒントをいただきました。
 食材は、至って普通の食材であること。だけれど至極美味しいパンができるそうです。
 無言でこねる手の感触。いつも同じようで同じでない作業。一期一会。

 美味しくパンが発酵できるように、丁寧な作業を、ただひたすら毎日する。
 いつも正解がない世界。今日も未完成。まだまだ出来る、と思うこと。

 今のお子様は、端的な言い方ですが、すぐに諦める気持ちになる傾向があると思います。一生懸命やること、何かに夢中になることを、とても恐れているようにも思えます。そうなった時に、誰かにいじられるのが嫌なのかもしれません。いじられても大丈夫な安全エリアにいつも自分を置いている、そんな感じです。

 それでも、「育てる」ことを大人が諦めてはいけない。頑張ろうと思います。
 本当の笑顔になれる自分を、経験して欲しい、そのように思います。バレエには、その力がある。ダンスには、その力がある。そのように思います!!

 夢中になれるものが目の前に転がっているのに。なんてもったいないことでしょう。。。
 大人になったら。。。失ってから。。。わかるものがある。では、悲しいなぁ。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました!
posted by 嘉本京子 at 18:13| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

備える

 昨日の夕方、宮城県沖を震源としてM6.9の地震が発生しました。
 千葉県も揺れました。一瞬「これはまずい!」と思いました。
 皆さん、ご無事でしたでしょうか。被災されました皆様に心からお見舞い申し上げます。

 起きると言われていて、起きていない大きな地震。
 このまま起きないで、時がすぎてゆくことは可能なのでしょうか。

 今一度、気持ちを、「災害に備える」モードにセットしたいと思います。
 こんな記事を見つけました。


 もし、コロナの影響でリモートワークが進んでいて、首都直下が平日に起きたならば、この想定の数は随分と減るに違いありません。塞翁が馬ですね。
 怖いのは、地震そのものよりも「火災」だそうです。津波も、侮れません。
 防災の記事を前もって読んで、備えておく。備えあれば憂いなし、です。災害にあった時は、瞬時の判断が大切になります。心と耳を研ぎ澄まして、何をいましたら良いのか、行動にうつせるようでいたいと思います。普段から、高い建物や、頑丈な建物を見つけておく癖は大事に思います。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました!

posted by 嘉本京子 at 17:25| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞最優秀賞受賞おめでとうございます!

 昨年の9月に公開になり、ロングラン上映されていた、「ミッドナイトスワン」。
 トランスジェンダーの凪沙と、バレエに目覚める一果のお話。

 私(嘉本)も、2回、映画館で見ることができました。こんなにも、深く映画の世界に没頭したのは、久しぶり、というか初めて???の経験でした。

 昨日、日本アカデミー賞の表彰式があったようです。
 「ミッドナイトスワン」、なんと、最優秀作品賞と、最優秀男優賞(草g剛さん)を受賞されたそうです!!


 なんのひねりもなく、本当に嬉しいです!!!
 素晴らしい作品でした。
 配給会社が大手でなかったので、最優秀賞を受賞されたことは、本当にその価値が多くの人に認められたがゆえ、と思います。

 2回みたことで、ちょっとは貢献できたかしら!!!少ない貢献ですが。。。

 DVDも発売されるそうです。
 DVDで拝見するのも、もちろん悪くないですが、でも映画館で見れたことが最高に幸せでした。あの大きな空間に広がる、ミッドナイトスワンの世界。今もなお、その世界で頑張って生きていくしかない人がこの世に本当にいるんだ、ということを思い知らされるのでした。

 草gさんの演技も、本当に素晴らしかったです。目の奥に宿る、悲しさと優しさ。今までのご苦労があってこそ、今の演技に磨きがかかっているように思います。辛いことも、必然なのかもと、草gさんをみていると励みになります。全ては、生きる糧になる経験でありますね。これからのご活躍も楽しみです!

 今日は春分の日。このような節目に、嬉しいお知らせ。素敵な映画にバレエが関わっているという嬉しいお便り。ウキウキとした春を迎える予兆のように思いました。

 あー。DVD、買ってしまおうかな。。。悩みます。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました。


posted by 嘉本京子 at 14:12| Comment(0) | バレエにまつわるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

「上手くなりたいからさぁ」

 「しびれるーー」
 久しぶりに、体に電流が走るような感覚に!。

 テレビCMで、三浦和良さんから放たれる、一言。

「上手くなりたいからさぁ」


 この純粋な思い。
 これを持ち続けることの、すごさ。

 だけれど、この純粋な「上手くなりたい」が全て。原動力。始まりであり、終わり。

 感動してしまいました。このセリフが、一番似合っていて、嘘偽りなく発言できる人が、カズ!!!

 サッカーがずっと盛り上がる理由がここにあるか、と思いました。
 やはり、裾野が広がるには、それなりに素晴らしい人物の牽引があります。
 あぁ。バレエ界に居て欲しい。新国立芸術監督、吉田都さんが頼りのように思います。
 裾野は私たちが広げるので、牽引をよろしくお願いしたいです。バレエの魅力が薄れているように思う最近です。これはまた、別の機会に記事にしようと思います。

 野球のイチロー選手も素晴らしいです。現役を引退しても、筋力の衰えを感じませんでした。若者に混じって、自分が動きながら指導されている姿をテレビで拝見しました。「休む」ということをされない。休めば、今まで培った自分の能力が消えてしまうこと、サボれば取り戻すことがとても大変であること、自分が自分であるために、努力を怠りたくないこと。

 ゆりのきバレエスタジオの美魔女たちも、同じような道をたどっているように思いますっ。60台半ばでも、シソンヌを平気で飛べます。すごいことです。。。

 若さの秘訣は、この思いです。「上手くなりたいからさぁ」。これだけで良いのです。

 若者よ、頑張るのですよ!

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました。
posted by 嘉本京子 at 23:04| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月18日

追悼パトリック・デュポン

 今月の5日に、伝説のダンサー、パトリック・デュポンが亡くなったそうです。享年61歳。
 早すぎる死に、バレエ界で戸惑いの気持ちが隠せない追悼の言葉が上がっているそうです。

チャコットのウェブサイトの記事です。

たくさんの映像がまとめられていました。良かったら、ご覧になってみてください(勝手にシェアさせていただきました。ありがとうございます)

 体のラインが美しいダンサーは、世の中にたくさんいるけれど、ここまで踊ることに熱いパッションを持ち続けたダンサーは、本当に稀有でした。とても寂しく思います。

 デュポンさんが活躍した頃。本当に、バレエの世界は美しかったです。作品一つ一つに、情熱を感じましたし、カリスマ性を持ち得たダンサーが本当にたくさんいらっしゃいました。海外のダンサーも、映像は少なくても、風の頼りに活躍を聞いたものです。観客はみんな、心でダンサーを感じていたのかなぁ。

 世の中が変わってしまって、カリスマ性を持つダンサーが少なくなってしまいました。何かに熱狂する、ということは、ハングリー精神ではないですが、何かに枯渇した思い、苦しい思いが基礎にあるのかもしれません。難しいですね。。。

 素敵な踊りをありがとうございました。
 どうぞ安らかにお眠りください。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました。


posted by 嘉本京子 at 17:16| Comment(0) | バレエにまつわるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

今日は千葉県八千代市の小中学校は卒業式

 本日、令和3年3月17日は、千葉県八千代市の小中学校は「卒業式」です。
 ご卒業される皆さん、ご家族の皆様、ご卒業おめでとうございます!!!

 今年はコロナ禍というのもあり、昨年に引き続きどんな形での開催か心配されましたが、今日の朝、お父さんとお母さんとおぼしき人たちが学校に向かっている姿を拝見したので、八千代市は、両親のご参加がOKになったようです。(嘉本の甥っ子は、兵庫県西宮に住んでいますが、保護者は1名のみの参加になったと聞きました)
 その代わり、在校生は欠席、とのことです。
 いつもなら、在校生から「送る言葉」や歌のプレゼントがあると思うのですが、とても残念ですね。。。
 一生に一回なのに。。。

 などと昨年も思ったのでした。でも東日本大震災の時に311の年に卒園や入学式だった保護者の方たちから、逆に、忘れられない卒業式・入学式になった、とお話を伺ったことがあります。塞翁が馬。確かに、特別な思いに満ちた卒業式・入学式であったことと思います。

 小学校に入学して6年。
 中学校に入学して3年。

 月日はどうしてこうも早く流れるのだろう、と思います。

 我が家の息子も、もう高学年になってしまいました。
 ノートに文字を書くのもやっとだったのに、最近のノートを見ると、一人前の人間なのなだなぁと、感心してしまうほど、漢字をたくさん使って自己表現がされていてびっくりします。

 大学入試も、これから変わっていく、とのこと。
 「ゆとり教育」(懐かしいっ。。。)から一転。さらに勉学に関する環境が激変していくことが予想される中で、これからのお子様は、大変であると同時に、まだまだ未知の部分がたくさんありますから、可能性もたくさん含まれた世界である、と見ることもできます。

 大人も頑張ってついていかねば、と思います。

 次の段階へステップアップ。進学した先でも、楽しい毎日が過ごせること、心から祈っています!!!

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました!!!
posted by 嘉本京子 at 11:44| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

「よくみて よくきいて すぐやる」

 ベビークラスでは、よく、「バレエの合言葉」をみんなで一緒に言います。
 その合言葉は、「よくみて よくきいて すぐやる」です。

 私の師匠から教わった言葉です。
 最初は、何気なく聞いたり、言った言葉でしたが。

 とても深いな、と思っています。

 よくみて、よくきいて、すぐやっていたら、大体のことは上手くいくような気がします。

 よく見ているか。(自分の都合の良い解釈をしていないだろうか)
 よく聞いているか。(耳の痛い話に耳を塞いでいないだろうか)
 すぐやっているか。(明日頑張ろう、とか、次の日から頑張ろう、はNG!)

 師匠が考えたこの合言葉は、最強なのでした。子育てにも役立ちそうですねっ。勉強にも!!!教科書を隅々までよく見て、授業を良き聞けば、勉強はできるはず。

 この言葉とともに、頑張ろう、と思います。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました!






posted by 嘉本京子 at 22:40| Comment(0) | 生きる ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

受験とバレエ

息子が高学年になるにあたり、勉強や進学のことを良く考えるようになってきました。
バレエスタジオでは、自分(嘉本)が学生だった頃とは随分と学校や塾、部活の状況が変わってきています。

昔はテストのためにバレエの練習を休むのはご法度でした。「そんなもの、普段から勉強しておきなさい、普段の学力を試すのがテストでしょう。レッスンを休めば、それを取り戻すのに時間が
かかるのだよ」
というバレエ界の暗黙の了解であったように思います。先生方は、プロの世界で生き抜いた方達でしたので、プロの価値観を緩めることなく、厳しく、子供たちを甘やかすことはなかったのです。

私はテスト前になったら、時間割表を作って、その通りに勉強しました。もしかしたら、「レッスンを休んではいけない」という空気感が、必然的にそうさせたかもしれません。残された時間を有効に使わないとテスト勉強できないし、計画的に勉強しないと、手をつけてない教科が発生するのが嫌だったのです。真面目人間はこの頃から(笑)ちなみに、勉強しなさいと両親から言われたことは一度もありません。言われてたら、勉強しなかっただろうな、と思います。ありがたい、ありがたい。

勉強ってなんだろう。

中学生になると途端に偏差値が出て大変な思いをしている中学生を見ると、いろいろと思ってしまいます。

そんなわけで、軽い気持ちでクリックしたネットニュースに驚きました!
東大に行かれた方が、受験まで週に1回バレエをしていたそうですよ!
「勉強があるので、バレエを辞めます」何度も聞いた言葉です。

さて、バレエを1時間するのを辞めたら、勉強できるのだろうか。勉強ができないのはバレエのせい?

何かのせいにしたいのは、人間のサガですね。。。まあ、仕方のないことなのだと思います。

時代は令和です。テストでお休みもタブーでなくなりました。

しかし。本質はここだよな、と思いました。好きなことを続けることができるための勉強。自分の人生を、豊かにするための勉強。自分から排除するものは何か、を選べる自分でいたい、と思うのでした。

今日も好き1日を!
読んで頂きありがとうございました。

posted by 嘉本京子 at 22:47| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dance at the gethering(星美和さん レッスンCD)

 バレエのレッスンには、音楽が必須です。
 バレエにとって、音楽は、恋人のようなもの、でしょうか。
 夫婦のようになぁなぁな関係でなく(笑)、いつも初めて会ったかのように触れ合うもの同士。いつも、そこには輝きが満ちています。

 なんちゃって。

 バレエにとって、大事な音楽です。いつも使用するレッスンCDは、できるだけいろんな音楽に触れることができるようにと思って、AppleMusicなども利用させてもらって、毎週違う音楽CDを使用しています。

 ただ、良い音楽、というのは、いつ、何度聞いても飽きないです。
 そんな良い音楽を、惜しみなく詰め込んであるCDです。

 バレエピアニスト、星美和さんの新しいCD「Dance at the gethering」


IMG_1839.jpeg
IMG_1840.jpeg

 先週から、使用させていただいています。
 美和さんの優しさに包まれているような気持ちになります。踊っていて、インスピレーションがたくさんきます。
 本当に幸せです。。。

 たくさんの音楽の種類があります。パンクや、ロック。破壊的な音も、何かの表れであって、自己表現の一つとして必要なものであると思います。
 でも、やっぱり、美しいピアノやクラシックが、好きです。言葉を超えた何かに触れているような気持ちになります。美和さんに感謝して、しばらくは、こちらのCDで、レッスン頑張りたいと思います!

 私は、音楽そのものになりたい、と思っていました。内面から溢れる音楽を表現したい、と思っていました。「表現したい」という「〜したい」という状態も通り越して、音楽そのものになりたかったのです。。。なかなかその夢は叶わず。。。生徒さんに叶えてもらおうかしら、と思っているところです。にっ。

 たくさんの労力が詰まっているCD。文明の力で、ピアノの生演奏がなくてもレッスンできています。(昔は、レッスンするのも大変だったのだなぁと思うのでした。)CDになることで、音楽を生み出すことの労力を感じれない、ということがないようにしたいと思えるようになったのは、美和さんにCD制作のご苦労を聞いたからでした。生演奏も、ずっとやっていると手が腱鞘炎になったりするそうです。大変なお仕事です。。。
 そんなことも知ってレッスンをしているのと、そうでないのとでは大きな違いがあるように思いました。
 また、美和さんの生演奏でレッスンができる日を願って。。。

 今日も好き1日を!
 読んでいただきありがとうございました。
posted by 嘉本京子 at 15:18| Comment(0) | Music♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月13日

スマホでできる防災

 3月は、2011年から、特別な月になりました。
 阪神大震災も、忘れてはいけないけれど(1月)、地下鉄サリン事件も、忘れてはいけないけれど(2月)。
 これ以上、忘れてはいけない日が増えないといいなぁと思うけど、なかなか人間の都合の良いように自然界は動かないように思います。

 災害について忘れないことと同時に大事なのは、「防災」について。
 「備えあれば憂いなし」
 「災害は忘れた頃にやってくる」
 という言葉がこの世に生まれた、ということは、そう思った人たちがたくさん居た、ということなのだと思います。

 防災について、こんなサイトを見つけたので、ぜひ!


 災害に備えたいと思います。
 非日常だった、10年前の今頃。
 再び災害が起こっても大丈夫なように。同じことを繰り返すような過ちを起こさないために。

今日も読んでいただき有り難うございました・
今日も好き1日を!!!

posted by 嘉本京子 at 16:40| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月12日

美しいものに宿る力

 寒い冬も間もなく終わりそうな関東地方です。
 去りゆく寒い冬に、思いを寄せるべく、こんな動画を見つけました。

 極寒の湖で舞う白鳥です。


 ぬくぬくのスタジオで、足にイオンドクターをつけてやっとこさっとこ動ける体になっていく、というのに、この極寒で舞うのは大変であったろうと思います。それほどの覚悟がおありだった、ということでしょうか。

 こんな形で意見を社会に意見を述べる方法もあるのかと思います。
 思いつくまでの人はいるだろうけど、本当に実現されるのはすごいっ。

 人間の思惑で、自然が壊されるのは、もうまっぴらごめんです。
 思いがきちんと届くといいですね!

 美しいものには、人々の心に訴える力がある。
 「訴えたいこと」がストーリーだけでなくても良い。

 ダンサーの強い意志に感銘を受けました。
 私たちも、強い意志で持って、世の中に役立つことができたらいいですね!

 今日も読んでいただきありがとうございました。
 今日も好き1日を!

posted by 嘉本京子 at 17:31| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする