2020年11月16日

鬼滅の刃のキャラクターで。。。

 先日、鬼滅の刃のキャラクターでどれが好きなのか、というラインキングを調査したという記事を読んでいました。てっきり主役の「竈門炭次郎」を差し置いて、「我妻善逸」が1位、とのことでした。

 鬼滅の刃の絶大なる人気も、そうは言ってもやっぱりなぜか不思議だと思っているのに、主役が一番人気でないとな???
 しかも、おばさんは、主役の炭次郎の心の中を映画で見てから、あんな風になりたい、というアラフィフらしからぬ希望を抱いているのです。笑。

 そこで。一番身近にいる若者に聞いてみました。私の息子です。

「ねぇねぇ、炭次郎が好きなキャラクター1位じゃないんだって。1位は善逸だってー。」
「そりゃそうでしょうね。もっと個性あるキャラいっぱいいるし」

 と、この結果が然もありなんと申す。やっぱり、今の時代の若者なのだなー。

「えー、でも主役だよー」
「だって、つまんないじゃん。」

つまんないのかー。まっすぐで素直ってことが、つまらんのかーーーー。物語を牽引する主人公だよっ。泣。

 スタジオに通ってくれるお子様に聞いても、みんな好きなキャラクターが違っています。それがまた良いのでしょうか。。。自分を投影できるキャラが個性豊かなところが、このアニメの人気の層の厚さなのかもしれません。それほど、個性が深く緻密に描かれている、ということでもあるのでしょうか。。。

 ちなみに、息子ランキング。
 1位 時透 無一郎
 2位 煉獄 杏寿郎
 3位 冨岡 義勇
 4位 猗窩座(あかざ)
 5位 継国縁壱(つぎくに よりいち)
 6位 鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)
 7位 黒死牟(こくしぼう)
 8位 我妻 善逸

 本人に手書きしてもらったのですが、書くために渡したメモ紙が8位までしか書けない大きさでしたので、8人まで。そのうち3人が「鬼」でした。昔も、魅力的な悪の手下っていますよね。。。でも3人もいるんかぁ。。。でもでも、「鬼」にも魅力があるようにちゃんとバックグラウンドがしっかり描かれているのが鬼滅の良いところなのよねっ。

 私(嘉本)は、まだ1話ぐらいしか読めてません。涙。先に映画見ちゃった。泣。
 合わせて、なかなか物語にハマれないのです。そんな自分を恨みますーーー。

 とりあえず、息子が1位認定したキャラがどんな人物なのかが気になりますぅ。なんとか登場人物に現れるまで読みたいなと思っているのですが。
 そして、やっぱりこの中に女子がいないのですね。まだまだ男子で、そして少年なんだなぁと思いました。実はいるけど、教えてくれないのか?そうなのか???

 そして女子のキャラクターもたくさん居るのが、また人気の秘密なのかもしれません。
 こんなにたくさんの人物を描き切れるなんて、作者さんは、すごいなぁ。
 物語の中で、たくさんの人物をさも生きているように描けるのって本当にすごいと思います。紙切れの中に、別の次元が現れる。すごいなぁ。

 素直でまっすぐな王道を行く「主人公」よりも、少し性格に偏りがありつつも悪を退治するヒーロー、というのが、子供たちに受けているように思いました。癖が強めでも、人の役に立てる、という安心感かな?

 こうしてあーだこーだ言って分析するのが、良くないと知りつつ、ついやってしまうアラフィフ。いかんですね。。。苦笑。 

 もし今の時代に、自分が現役の子供だったとしたら。。。めっちゃ、エンターテイメントとして楽しむだろうなーと思います。
 そっか。単純にエンターテイメントなんですね!自分の好きなように思いを馳せるのみ!いいね!

 私の小さい頃は、それは、銀河鉄道999だったかなーなどと思いますが、皆様はどうでしょうか?本当に、地球以外の星に旅に行けると当時思っていました。。。アイタタ。でも、その他にも昔はたくさんの名作がありましたからね。

 健全なエンターテイメントとしてのアニメを、今後も期待!!!

 今日も良き1日を
 読んでいただきありがとうございました!!



posted by 嘉本京子 at 23:38| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする