2020年10月13日

元気が出る絵 10月

 爽やかな風とともに、晴天の千葉県八千代市です。
 10月も気づけば、半分を迎えようとしています。
 あら。来月は11月。後2ヶ月で今年が終わってしまう。わおっ。
 エンジンをかけなおして、いろんなことを推し進めていこうと思います。

 頭だけで考えすぎず、行動をすること。
 どうしても頭で考えすぎる癖のある嘉本です。ケセラセラ〜(師匠の大好きな言葉でした)を口ずさみながら、肩肘はらずに参ります。
 肩肘はらず、ぼんやりしている時の方が、体の中から湧き出るエネルギーを感じることがあります。

 私は、それを踊りにするような職業につきました。それが、自分にあっているなどと思ったことは今の今まで一度もないかもです。
 でも、そのエネルギーをキャンパスにぶつけるのは絶対に苦手と分かっています。
 そんなエネルギーが感じられる、元気が出る絵。「ふれあいカレンダー」です。


IMG_1008.jpeg

 今月は、恐竜の赤ちゃん。左の大きい恐竜は、お母さんでしょうか。お母さんの優しいお顔が印象的です。
 「ミッドナイトスワン」で、母親になることも重要なテーマでしたので、いろんな想いがめぐります。
 お母さんがいること、お母さんの愛に包まれること、そのお母さんになること。
 スタンダードで、人々の雛形のような当たり前の「母」と言う像。

 母の優しい包み込むような笑みは、何よりも強いのは間違い無いでしょうか。

 永遠のテーマですね。。。

 今日も好き1日を。
 読んで頂きありがとうございました!