2020年07月03日

「world ballet school day」7月7日

 思いの外、雨が少なかった八千代です。これから雨量が増えるようですし、地域によってはたくさんの量が降るようですので、どうぞお気をつけてお過ごしください。

 「world ballet day」は、毎年、毎年10月ごろ有名バレエ団がインターネット中継で、レッスン風景やリハーサル風景を届けてくれる、バレエの祭典、でありますが、今度、7月7日に、「world ballet schoolday」が立ち上がるようです


「Training a new generation of dance artists.」とあります。
 新しい世代のアーティストのためのトレーニング、を発信してくださるのかしら???

 解剖学的には、骨格の定まらない時期にトウシューズのレッスンを開始することは危険と言われており、最近では、国際コンクールでトウシューズを履ける年齢が定められるようになっています。日本では、まだまだ低年齢でトウシューズを履いてコンクールに出ている方を見受けます。そういったことの改善のための企画なのかもしれません。

 11:00スタート。これがイギリス時間ですと、日本は19:00スタートです。 
 20:00に、「JAPAN」とあります。詳しいことは記載がありませんが、日本時間だと、翌朝6時です。起きれるかな???

 どんなことが行われるのかは、紹介されていませんが、きっと有意義な時間になるのでは???
 親切な方が、もう少し詳しく案内してくれるかもしれませんので、わかったらまた記事にまとめようと思います。
 7月7日の19時、気をつけておこうと思います(←イギリス時間だった場合です)

 コロナの影響がある今だからこそ、世界と繋がれる環境はとてもありがたく感じます。
 今は気軽に行けない見知らぬ土地で、同じようにマスクをつけながら一生懸命汗水流して練習している人たちがいる、という事実は、とても勇気づけられます。企画を行うのは大変だったかもしれないです。本当に感謝です。その気持ちは「視聴」して「勉強」する形で返していけたらいいですね。。。

 できることを続けるしかない、今だからこそ、続けることが見つかっていてよかったなぁ、と思います。

 まだまだ暑いのに慣れていない体です。どうぞ、皆様、お気をつけて。
 好き週末を!
 読んでいただきありがとうございました


posted by 嘉本京子 at 17:28| Comment(0) | バレエにまつわるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする