2020年06月07日

ニュースな日々

 以前に、フランスに住む友人のエピソードを少し紹介しました。
 ちょうど、このコロナウィルス感染症について周知されたころで、恐る恐る都内に出かけて、久々にフランスから帰国した彼女とたっぷり話をしたのでした。2月中旬のころです。紹介したおにぎりのエピソードはその時に聞いたお話でした。

 息子2人と無事にフランスに帰国したとお知らせを聞いてほっとしていましたが、海外渡航ができなくなってしまい、日本に自由に戻ってこれない事を思うと、少し心配にもなり。

 先日連絡を取りましたら、元気に過ごしているようです。
 「偏向報道が嫌になるよね」というのが、お互いの共通認識。日本のことも、フランスのことも、極端なエピソードが極端に報道されてる気がします。
 彼女に紹介されたサイトをみました。一番、的確にフランスの情報を伝えている日本語新聞とのこと。


 読者のマスクの写真を募ったページをみましたけれど(友人の写真も採用されたそうで。息子さんと3人で写ってます。忍者っぽいらしい。)、市民の皆さんが生き生きと生活されてる姿が拝見できました。みんなマスクしてる。そして、みんなお洒落。

 普通の日常は、特に面白くないからでしょうか。特異な面を探し伝える報道。ニュースって、そんな面があることを覚えていると良いと思いました。

 アメリカは大丈夫なんだろうか。今回は少し大きいデモのようです。真相はよくわからないし、日本人には真に理解できない面があると思いました。人種差別はいけないですけれど。長い歴史の中で培ってしまった偏った思いは、特に他者である私たちは口出ししてはいけない分野だと個人的には思っていて、寛容の目で見守るしかないと思います。とにかく、けが人がなく、心の痛みも少なく済むように祈るばかりですね。トランプ大統領の手腕が問われますね。


 日本に、的確に日本の状況を知らせている情報紙ってあるんだろうか。難題だ。。。
 でも、意外と日本人って冷静に見てる気がします。一種のクールさを感じます。震災の時に痛感してからは特に。

 明らかなのは、歴史に残る1ページの真っ只中にいるということでしょうか。
 あの時はこうだったと、次の世代に明るめに報告できるようでありたいですね。

 今日も読んで頂きありがとうございました。
 普通が一番。普通のニュースも、いいよね。

 好き1日を!
 また1週間、頑張りましょう!
posted by 嘉本京子 at 16:44| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする