2020年05月05日

習慣を変える

 先日、印西市にあるコストコにお買い物に行ってきました。強力粉、コストコにならあるんじゃないか、なんて期待を淡く抱きながら行きましたけれど、残念ながら、業務用の10キロ単位のものしか残っていませんでした。それも、残り数個、という状態。あちゃちゃ。

 小麦粉。パン屋さんが通常営業されているのでまだ大丈夫と思いますが、輸入品であるので、日本の在庫に限りがあるかもしれません。どうなんでしょうか???パンがなければケーキを、とは行きませんが、こうなったら米粉でパンを作るのも手かもしれません。こんな時は、日本人の創意工夫が功を成しますね!今ある小麦粉で、大事にパンを作りましょう!!!

 そのコストコでの話。
 入店にあたり、店員さんが「カード会員1名に、ご家族の方1名まででお願いします」と入場制限しています。
 あれ、家族同伴はいいのかな。そうか、コストコは荷物が重いしな。
 なんて思いながら、私は1人で来ましたので、そのまま颯爽と入店しましたけど。。。前に進みません。。。
 人がいっぱい。

 そして、ソーシャルディスタンスを気にする人なんて、これっぽっちもいませんでした。
 商品を手にとってから、また元に戻す人もいっぱい。大きな声で家族と話している人いっぱい。
 がびーん。

 昨日、政府から、「新しい生活様式を取り入れよう(コロナ対策は長期戦だよ!この生活を普通のあたり前にしよう!)」という発表がありました。

 きっと、
 ・「そうしましょう!」と素直に受け入れている方が、全体の3割
 ・「新しい生活様式?!ふ〜ん。どうやんのー」という人が全体の6割
 ・「新しい生活様式?なんじゃそりゃ、カンケーねー」という人が全体の1割
 こんな感じかも???

 バレエをしていて痛感するのですが、技術を習得する時に、「今まで何気にやっていたことを変える」と言うのが一番大変なんです。鉛筆の持ち方と一緒です。いくら、その持ち方が良いと言われても、「良い」と実感できるまでは、変えることが出来ません。
 人生経験が増えたり、また、一つのことを極めていくと必ず壁にぶち当たりますので、技術を自分の身に付けたいなら、自分の癖を修正するのが一番早いとわかり、自分を律して行動することが出来ます。が、それまでは。。。自分のやりたい事=素晴らしいこと、です。むむむ。

 コストコを歩いていて、人はそうは簡単には変われないのだなあと痛感した次第です。

 他に。。。
 罰則がないから、みんな真剣に考えないのでしょうか?

 正常バイアス、と言う言葉があります。
 「今、危険だよ!」と言う情報が身に迫っているけれど、「自分は大丈夫」と思いたくなる癖が人間にあり、それを「正常化バイアス」と言うのだそうです。
 311の時。「津波がくる!」と一目散にがけをかけあげることができたのか。「いやあ、津波?そんな訳ないでしょう。大丈夫っしょ」と、自宅に戻ったり、今までしていた動作をやめなかったのか。

 「とりあえず、大丈夫っしょ」と言う気持ちが、人々に蔓延していないだろうか。。。特に、人々の交流が一応途絶えてしまって、自分と社会の繋がりが薄くなってくると、どれが現実味がある世界なのか実感しにくくなります。「まあ、いっか」と一度思えてしまえば、ずるずると自分の基準となります。

 このまま、事態が終息に向かえば万々歳ですが、どうなるでしょうか。
 政府は、長丁場になるから、生活様式をみんなで変えようね、と言っています。
 私は、この基準に沿って、また千葉県からの要請をみまして、これからのバレエスタジオのあり方を模索するつもりです。
 今苦しい思いをしている人たちと、コストコで出会った人たちとのギャップがすごくて、今日はその整理をしたくて書いてみました。

 きっと、このブログを読んでくださっている皆様は、私の考え方に近い方がたくさんなのではないかと思っています。きらりっ。
 行動を変えられない理由を知っていれば、闇雲に怒りのエネルギーを起こすこともないと思います。人間だもの、しょうがないの。

 だけど、行動に変えられる人から、地道にやって行きましょう。一つ我慢すると、他に良いことがやって来ます。棚から牡丹餅。

 今日も真面目ブログすみません。
 読んで頂きありがとうございました!
 生活様式が変わろうとも、失くすものなんて一つもない。(←と思える境地に居るべし)
 好き1日をお過ごしください!

posted by 嘉本京子 at 14:47| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする