2020年04月04日

知って安心することは可能か

 「検査をするべきだ。」
 「非常事態宣言をするべきだ」

 そのような声が高まっています。しかし、クルーズ船が横浜港に停まっていた頃(もう随分と懐かしいですね)、中国の方がたくさん日本にやってきていた頃、政府はマスコミの批判に耳を貸さず対策をとり、功をなした。今回もそうなのではないでしょうか?
 日本が一丸となってこの国難に対処すべきなのに、なぜにこんなに反論が出るのでしょう。もう少し落ち着いてみよう。私はそう思っています。

 しかし。一体、自分は新型コロナウィルスにかかっているのか、かかっていないのか。
 出歩いて大丈夫なのか、大丈夫でないのか。
 知る方法は、本当にPCR検査だけなのか???
(検体を取り出すのに、大変にリスクを伴うそうです。検査場に行くことが、感染しにいくようなもの、という意見もあります。いやだ、そんなの。ドライブスルー検査なんて、もっての他。ウィルスの巣に突っ込むようなもの。。。)

 そうしたら、こんな記事を紹介している方がいまして。
 「抗体検査」です。
 もしかしたら、すでに抗体を持っているかもしれない。PCR検査より、遥かに安全にできるそうです。手の指から採血するだけ。


 PCR検査だけですと、すでに抗体を持っているのに「陽性」と判断→感染者と判断されてしまうそう。
 「陽性だけど無症状」て、もしかして、抗体を持った人なのでは???

 現に、感染者の数は増えるけど、死者の方の増加は急激に増えているように思えませんがどうでしょうか。しかも、日本では、持病のない方の死者はいないはずです。
 うーん、今すぐに抗体検査を受けたいぞ。

 しかし、ウィルスは変異する。抗体が変化したウィルスに対応できるかは未知だから、100%安全ではないわけです。
(インフルエンザワクチンが効かない、というのは、抗体に対応してない変異したウィルスにかかった、ということが考えられるのではないでしょうか)

 ある程度のガイドラインができ、抗体検査が簡単に安心してできる道筋が整いますように!!!

 そう思うと、「インフルエンザ」というウイルスも、人間は未だやっつけてないわけですね。上手に一緒に過ごすしかない。
 ウィルスに負けない=共存できる体を、今からでも少しずつ作っていこう、そんな風に思います。

 しかし、新型コロナウィルスの怖いところは、突然免疫が暴走するところ。外国では、持病をお持ちでない方も亡くなられています。どうしてそうなるのかの解明が、どうか速やかに行われますように。

 私たちは試されている。どんな時も他者を思いやれるかどうか。がんばろう。
 政府のマスク、最初「おやっ」と思いましたけど、報道のされ方に悪意がありますよね。どんな物もで、頂けるものには、ありがたい。

 文句を言うのは簡単。文句を述べて自分の免疫を悪くしないように気をつけて。雑草のように、強かに生きていきましょう。

 八千代情報。イオンの専門店街は土日休館ですが、スーパ部分は通常営業、コープ、ヤオコー、カスミは通常営業、マルエツとユアエルムは時間短縮で営業。
 昨日の15時ごろコープに行きましたが、食料品はまだまだたくさんありました。皆さん比較的落ち着いてお買い物されているみたいです。自粛慣れ???

 今日も良き1日でありますように!!!
 読んで頂きありがとうございました。


posted by 嘉本京子 at 12:10| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする