2020年02月13日

イギリス最年長82歳のバレエダンサー「できるから続けているの。年齢が辞める理由になる?」

 しとしとと雨が降る八千代です。午後は晴れて気温急上昇するよう。こう言う気温差が出る時は、地震が起きやすいかも?ちょっと気をつけておこう。

 Facebookを見ておりましたら、ある方がシェアした記事に目が止まりました。(シェアして頂き有り難うございました!)



クーリエ・ジャポンより。(ITV NewsのNews動画を翻訳)

 <記事より抜粋>
 バーバラ・ピーターズさん。御年82歳。
 昨年、RAD(ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス)のグレード試験コースの最上級である8級に合格された。

 「バレエを今も続けているのは、一度も止めたことがないから。だから、続ける理由も考えたことがありません」


 リンク先の記事には、バーバラさんがバーレッスンをしている映像が見られます。もちろん、全く歳を感じさせないといえば嘘になりますが、膝がきちんと伸び、ゆっくりとしたプリエ 、しなやかな上腕の動きは、とても82歳とは思えないものです。

 「続ける理由も考えたことがありません」が、心に響きます。
 つい、「私は〜だったから」と過去の自分に逃げたり。
 つい、「もうあと何年で〜だから」と未来に逃げたり。
 今を生きれば、続ける理由がいらないのだと思います。82歳になった時の自分は、どんな風に思って生きているのだろうか。バレエは踊れているだろうか。

 もちろん、たくさんの努力をされたり、踊れる環境が揃う恩恵があったことと思います。それも、ご本人の持ち得た徳なんだと思います。ただラッキーだけだったわけじゃない、はず。

「年齢に伴う病気にはなってしまうかもしれない。でも、外見に関してなら自分でコントロールは可能。私は、そう信じています」彼女に言われたら、誰もが口を閉ざしそうです。
 55歳からの初心者クラスを担当しているそう。素敵です。私も、80歳になって、30歳ほど年下の方に「大丈夫、できるわよ!」と声をかけられるように、今から努力を怠らないようにしたい、そのように思います。口ではなんとでも言えますな(笑)

 この方がクローズアップされるのは、その道が決して容易いことではない、と言うことでもあります。ご友人がバレエを止めていくなか、孤高に、「私は止める気がしないわ」と都度自分とバレエとの距離を確かめられたに違いないです。
 ゆりのきバレエスタジオにもたくさんの女性に通って頂いております。バーバラさんのようには簡単にはならないと謙虚に思いながら、毎日を一生懸命に、そして週に1度、2度、3度のレッスン頑張りましょう!バーバラさんのおっしゃる通り、体が動く間は、動く体に感謝して、踊っているのも乙だと思います。年齢にあった動きを模索しましょうね!!!

 こうして、年齢不詳の女性が増えていく、ゆりのきバレエスタジオでした
 今日も好き1日を!日日是好日〜
 読んで頂き有り難うございます!
posted by 嘉本京子 at 10:23| Comment(0) | バレエにまつわるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする