2019年11月19日

共感できない時もある

 先日、シリーズの2話目が公開に先立って、「アナと雪の女王」がテレビで放映されていました。
 大変なブームを起こした映画です。

 どんな感動が待ち受けているのだろうと思い、さらには、その感動をどうしても映画館で味わいたいと思い、なんとか都合をつけて緑ヶ丘の映画館に行ったことを覚えています。私の妹家族は、感涙したとか。

 それがですね。そうはいかなくて。泣。

 女王エルサが、自分の魔法を抑えられず、国を飛び出してしまったシーンで、「えー。飛び出す、普通?」と思っちゃいまして。笑。

 「それはアニメアニメ、お姉ちゃんっ!」と妹に突っ込まれました。
 この大ブームの渦の中で、私のふと沸いた疑問は埋もれてしまいそう。笑笑。
 あまり大きな声で言う自信がなく、今まで黙ってました。
 アニメにリアリティを求めなくて良いのだろうけど。一国の主人が、簡単に下々の者たちをほっぽらかして飛び出しちゃい、さらには開放感たっぷりで魔法を使いまくる。偏屈な見方をしていまう嘉本でした。うむ。何かまずいかな?

 あれから時間が経ちまして、自分が少し偏屈でなくなってることを期待して、いざ再びスクリーン(テレビ)の前へ。
 いよいよ、問題のシーン!

 女王が、ワナワナと人々の中を退いていく。。。
 なんと、前回よりもさらに増してるような違和感を感じました。ちゃんちゃん。
 より偏屈に変化している自分でした。どうしよう、もっとファンタジーとかの世界にどっぷりハマろうかしら。。。

 きっとおんなじ違和感を持ってる人はいるハズ、なんてほくそ笑みながら、息をひっそりとさせて生活しています。うふ。
 ありのままの姿を見せられず我慢をしてる人が多いのか???自分は意外にもノンストレスな生活をさせてもらっているのか???うーん、でも正直なんだかよくわかりません。どうしてアナ雪を見て感動できないのか、誰かにレクチャーして欲しい。

 ブログに書いたら何か発見できるかと思ったけど、結局自分が偏屈だ、と言うことを発見しただけでした。仕方ない。笑。

 負け惜しみ!トイ・ストーリー3は感動しました。(ちなみに4も!こちらはこちらで、賛否両論のようですが。。。)

 今日も取り止めのないお話大変失礼しました。
 皆さんも、ご自分のご意見は大切にされてください!王道だけが道じゃない。えっへん。

 暖かいもので癒されてください!好き1日を!
 今日も読んで頂いてありがとうございました
posted by 嘉本京子 at 11:16| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする