2019年04月14日

ブラックホールが撮影された

寒さも、本当にこれでおしまいらしいです!
そろそろ衣替え!お母さんたち、ファイトです

先週のニュースで、ひときわ沸き立っていたのが、「ブラックホールの撮影に成功」したことでしょうか。

記念に、記事にしてみました。

・乙女座の方向にあり、地球から5500万年光年離れている
・楕円銀河「M87」の中心にあると考えられている
・南米チリにある「アルマ」をはじめハワイ、南極などの6カ所にある8台の電波望遠鏡の観測データを2年かけて慎重に解析
・リングの直径は約1000億キロ
・ブラックホールの質量は、太陽の約65億倍だと算定できる
・ブラックホールとは、極めて高密度、大質量で重力が非常に強く、非常に強く、周囲にあるガスなどの物質を引き込む天体。光の速さも脱出できない
・100年前、アインシュタインの一般相対性理論によって予測された


うむむ。壮大

奇しくも、銀河鉄道999を見だした息子はこのニュースに大喜びでした。私も、銀河鉄道は本当にあるんじゃないかと思ったことがある。

ふと思う。

宇宙がどうやって生まれたのか、まだ私たちは知らない。解明されていない。
その初期設定がわからないまま、生を受けて、一生懸命に生きとります。

そりゃあ、悩みが尽きないわけです。

誰も、どうして私たちが生きてるのか知らないのでござる。そりゃあ、悩みに答えがないわけだわ。

それで、よか。と、宇宙を作ったナニモノかが言っていそう。兎にも角にも、一生懸命生きることしか、できないのですな。

ブラックホールを見ていると、吸い込まれそうです。ブラックホールに入って、帰還すれば、ブラックホールが何であるかがわかるのでしょうか。
どうしても解らないことがある、という真実は、逆に開き直りの勇気を頂けます。あなたも私も、宇宙のことは何も知らないのよーん。

あとは、理不尽なことも面白がるっきゃない。
面白がって、良い週末を過ごしたいと思います

平成が、あと17日
皆様もどうぞ良い週末をお過ごしください!



posted by 嘉本京子 at 12:41| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする