2019年04月02日

「令和」の時代

平成31年4月1日11時41分に、発表されました新しい元号は「令和」。

初めて、国書からの典拠だそうです。

−−−−−−−−-−−−−−−−−-−−−
万葉集 巻五 梅花(うめのはな)歌三十二首幷序(あわせてじょ)

初春 令月 気淑風和
梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香

初春の令月にして、気淑(きよ)く風和(かぜやわ)ぎ
 梅は鏡前の粉(こ)を披(かぶ)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫らす

 −−−−−−−−-−−−−−−−−−−−-
(現代語訳 「万葉集」中西進著)
 天平二年正月十三日に、長官の旅人宅に集まって宴会を開いた。時あたかも新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香のごときかおりを漂わせている
 −−−−−−−−-−−−−−−−−−−−-

  引用された文章は、歌われた場面を紹介すらために書かれた漢文の序の部分。漢文はまだ続いていています。現代語訳の意訳させていただくと(すみませんっ意訳です)。。「自然を前に心開いて各々に充足した気持ちでいる人々がいる。この気持ちを歌にしないでどうしようというのだろう。古の中国でも梅の歌はたくさんある。古代の人と今の自分たちと何の違いがあろうか。おもいっきり楽しんで、庭の梅の歌を万葉仮名にて歌おうではないか」

 私たちにしてみれば天平の時代の方は「古代の人たち」ですが、その人たちにとってさらに古代の人たちがいるんですね。

 そして、まさか、世紀を超えて、年号になろうとは露とも思われなかったでしょう。。。

 こちらの典拠された漢文は、「万葉集」(中西 進著)の第1巻におさめられていました。 Amazonの電子書籍で扱ってます。これまた便利な世の中です現代語訳が素敵で、思わず購入してみました。やはり、言葉の知識が深いと伝わることが違います。まるでその時の情景が目に浮かぶよう。

その書籍にて。「令」という時は「嘉」であると紹介されてました。「良い」という意味合いがあるそうです。「令嬢」とか「令息」などの使われ方を昔はよくされたそうです。「嘉」にも同じ意味があるということです。えへへ。ちょっと嬉しい。

C9913351-4879-4958-9347-2F566C08F5F1.jpg

4月1日 11時41分
よい いい よい

神さまは、いいよ、いいよーと、私たちを励ましてくださっているのか???

「レイワ」という響きも、気高くて好きです。
なんだか気になってちょこっと調べてみました。

安倍総理のお話も素敵でした。

「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄を、しっかり次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が、明日の希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい、との願いを込め、「令和」に決定いたしました。」

記憶にとどめたい言葉です。ちょっと頑張って記事にしました。忘備録!

奇しくも、スタジオに通ってくれる個性豊かな子供たちと自分の息子とこの発表を見ることができました。歌は読みませんでしたが、中学校進学のお祝いの宴がこの後開催されました。ちょこっと万葉集のシチュエーション似てる。踊れば良かったかな。笑。まあ、でも、こんな有り難いことはないです。貴重な体験でした。

元号あれこれ、なんだか胸にこみ上げるものがある私なのでした。

桜がやきもち焼いてる。笑。
そろそろ満開を迎える八千代です。

次世代も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
posted by 嘉本京子 at 11:23| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする