2018年12月12日

クリスマスバザー🎄手作り品その4

無念の更新できない昨日、から今日は二つ目の記事です。

バザーにご出品頂いたお品をご紹介します!

11379B55-93ED-4C00-A792-B10B752C48B2.jpg

ベビーちゃんたちや、小学校低学年のみんなに喜ばれそうな、髪飾りがいっぱい!!!可愛い。みんなの喜んでる姿が目に浮かびます。ベビークラスのみんなもバザー来てくれると嬉しいです。

おだんごに着けたら、レッスンのテンションもあがりますね。

もちろん、体を鍛錬するのが目的だから、過度に着飾ることは違っているとは思いますが、綺麗な身なりに少しのオシャレで、レッスン着を楽しむのは悪くないと思っています。

ベビーちゃんたちは特に、可愛いレオタードで上機嫌になるお子さんがいっぱい。生まれながらに、女子ですね。

さてさて。お気に入りの飾りがいっぱいになりそうな、クリスマスバザーです。
まだご紹介は続きまーす!




LINE@始めました。
お友達追加してみてください。お問い合わせもLINEからできます
友だち追加

書面添付すること、14年

昨日は、更新できず、無念。やはり朝一番に更新を守るべし。今日は昨日の分も含めて二つアップします!!
--------------------------------------------------

唐突ではありますが。バレエスタジオを運営する、ということは、個人事業主になる、ということであります。
社会の様々な会社のように、経済を動かすような原動力にはなれないけど、雀の涙ぐらいにはお役に立ててると良いなと思っています。それさえもなれてないかも???せめてもは、社会に迷惑かけないお店でありたいと思います。

スタジオ創設当時は、本当に右も左も経理のことがわからなくて。
そんな時に主人の同級生の奥様に税理士の方がいらっしゃいまして、スタジオ創設の数年前から交流があったのもあり、思い切って会計の監査をお願いすることになりました。

そういえば、会計事務所さんとも当初からずーっと続いて見て頂いてます。ありがたい、ありがたい。

お世話になっている会計事務所

なんか、ちよっとうちのホームページと似ているような気がする???
て勘の良い方がいたら凄い。主人がホームページを担当しました。
ゆりのきバレエスタジオのホームページは主人が作ってくれてます。スタジオ創設の頃はまだ今ほどホームページが主流ではなく、世の中の企業や会社がボチボチとホームページを作り始めた頃でした。お問い合わせは、当時(平成14年ごろ)100%近くお電話でした。今は85%の割合でメールです。(今後はLineになる可能性があります。うーん、時代は流れてる!!)
ホームページは必須の世の中になりましたが、本当にこの業界もよくわからない中、助かっております。ありがたやぁ。
もし何かWebのことでお力になれることがあったら、お声かけてください!

(株)フェアグラウンド

もとい。

ずーっと経理を見てくださってる家子会計事務所さんのご指導で、申告は「書面添付」をしています。

「書面添付」とは簡単に言うと、この申告書は適正なものです!と税理士が太鼓判を押すような書類です。これは、税理士法第33条の2に規定されているものです。

 書面添付が申告書に添付されていれば、税務署は直接調査に入ることはありません。まずは、税理士に問い合わせが来るのです。そこで問題が解決すれば、調査は省略となります。

 それでも解決しなければ、調査となりますが、あまり調査までいかないようです。

 書面添付をするために、毎月巡回監査を受けています。そのために経費の全てを、レシート、もしくは領収書、もしくは専門の用紙に書き起こし、全てに番号をつけ、台紙に張り、それをPCのソフトに入力します。ソフトは「FX2」というTKCの会計ソフトを利用しています。

って、面倒くさそう、なんて思うなかれ。
慣れれば、1ヶ月の作業は2時間程度で終わります。難しいことはないので、慣れです!
3月に、昨年の12ヶ月分をやるのは、本当に大変。重い腰があがるのに時間がかかります。少しずつ確実に入力していると、申告はノンストレスです。

時々、二ヶ月分を一緒に入力しますが、もう二ヶ月前のことがさっぱり記憶がなくて笑ってしまいます。それを思い出すのに時間がかかって、めっちゃストレスフル。一ヶ月だと、ギリギリ覚えています。

何よりも。
入力することで、一ヶ月を振り返ることができます。
そして、なんとなく、何が原因でお金が増えているのか、はたまた減ってるのか、直感的にわかります。

さらに。書面添付していると、先ほどの説明のように税務調査がほとんど入らないそうです。
書面添付をしていること自体が信用に繋がるようです。
銀行も、融資の判断材料の一とするそうで、金利が何パーセントか変わることもあるとか。銀行さんにも信用してもらえる、ということです。凄いぞ、書面添付。

正しく働いて、正しく税を納める。それ以上でも、それ以下でもない。
家子会計事務所の先生方から教わったことです。
最初に見てもらえたのが、家子先生でよかった。そうでなければ、いかに税を納めないか??なんてことに目をギラギラさせていたかも。世の中に役立つためには、税金を納めなきゃね!!!キラリっ。

スタジオ設立して2年目からお世話になり、書面添付は14年ほど続けております。

このたび、継続して書面添付している会社に賞状を送ることになったそうで、私も頂戴しました。

5A0804B4-55CF-446A-861E-A3819489B9D7.jpg

立派な賞状に、背筋がピンといたします。
書面添付は必須のことと思って、ただ続けてきたのですが、こうして改めて賞状を頂くと、大変嬉しく思いました。
家子先生に伺ったところ、是非ともブログでアップをとおっしゃって頂いたので、記事にいたしました。

ちょっと難しく思えるかもしれないけど、やってしまえばなんともない書面添付です。

もしご興味のある方はご連絡くださいませ!!

社会に信用があるバレエ教室、悪くないです。
経済に貢献できるかは、???なんですが、より良いクオリティーの高い生活の一助には少しでもなりたいと思います。
元気に生活して働くには、ある程度の健康があるのとないのとでは大違い。健康は自分の体と精神から、でござるー。


posted by 嘉本京子 at 09:44| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする