2018年12月03日

お笑い

12月もスタートしました。いかがお過ごしでしょうか???
昨晩は、テレビでM-1やっていました。
体調がちょっと思わしくなかったのもあって、あまり無理せず、ゆっくりしようと思いたち、テレビを拝見しました。

芸人の皆さん、がんばっていました。
素人のただの観客にすれば、なんとなく面白いかそうでないか、好きか嫌いかで見てしまって、その笑いにどんな要素が詰まっているのかは、予想だにできず。

審査員に座られている方が、結構好きな芸人さんばかり、というのもあって、審査のコメントがとても面白い、というか興味深かったです。
「お笑い」て、そんな風に作られているんだ、と思いました。笑わせるって、簡単じゃないのですよ、きっと。

お笑いを続けていけば、そのパターンが読めて、笑えなくなってくるのでしょうか。
かといって、お笑いの玄人が唸るものは、素人にはわかりづらかったり。

人は何に笑うのか。考えると止まらなさそう。笑。
素人と玄人を唸らせる芸は、やはり天才となるのでしょうか。技術を情報で学べる今は、天才が生まれにくいのだなぁ、なんて思うのでした。

踊りも似たり。玄人には「?」という踊りも、一般の方には広く受け入れられたりするものです。
でも圧倒的な天才は、玄人も素人も虜になります。
私たちは、いつも、その人にしか出来ないものを見るのが、理屈抜きで好きなんだろうな、なんて思うのでした。自分を極めよ!!!

と、思考の海に浸る週末でした。うふ。
今週も、極めよう!楽しみながら!




posted by 嘉本京子 at 11:15| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする