2018年11月05日

忘れたことはないけれど

連休はどのようにお過ごしでしたでしょうか?昨日は関東はあいにくのお天気だったようです。
だったようです、と書いておりますのも。。。嘉本は西宮の実家に帰省しておりました。亡き父の13回忌の法要がありました。関西は二日間とも快晴でした。

出会いがあれば、別れがあって。生きてるものは必ず死んでゆくので、父がこの世から居なくなる、ということはちょっと時期が早い気はするけれど、当たり前のことではあります。
父が生きていたという痕跡がどんどんなくなり、居ない生活に随分と慣れました。
忘れたことはない、と思ってはいても、法要をして改めて仏壇の前に座らされていると、当時の思い出が蘇り、様々な思いが浮かんでは消え、浮かんでは消え。。。とても貴重な時間を過ごさせて頂きました。

舞台関連の仕事をしていれば、「親の死に目には会えない」と教わりました。(舞台に穴を開けてはいけない、という強い戒めだと思います。)
幸いにも父は待ってくれていて(その年は、発表会が直前にありました)母娘3人が病室に揃って談笑する間に、まるでいつもの風景を最期に楽しむかのように、あの世へ行かれました。ありがたいことでした。
今はもう親孝行はできませんが、なんとか恥じない生き方をしたいなぁと真面目人間は思います。笑。

05D3AC2C-F5AB-43EA-8E57-1750C50E096B.jpg
形見で貰った、観音竹。
子育ての忙しさにかまけて、一時期枯れに枯れてしまい、瀕死の状態から、やっとここまで育ってくれました。ごめんね、観音竹。父もあの世から冷や汗かきながら見守ってたに違いないです。。。すまないです、父。

いつかお別れが来ることを思えば、今会えてることが奇跡のようなことなのかも?一つ一つの出会いや出来事を大切にしたいと思うのでありました。

また気温が上がるかも?の11月。全く何を着て良いのやら???ですが、寒いよりはいいぞ!

今週もがんばろう!
posted by 嘉本京子 at 12:23| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする