2018年07月11日

心より、早い復興願います

平成30年7月豪雨の被害に遭われたかた、またそのご家族の皆様、心よりお見舞い申し上げます。
自然の脅威の前で、またもや私たちは立ち止まります。

ここ数日、何か出来ることはないか、ずっと考えておりました。
書きたいこともあったのですが、被害に遭われたかたの気持ちを思うと、なんだか気持ちものらず。。。

ボランティアにいく時間もなく。
物資を送るにも、何が必要なのかわからず。

結論は、募金することにしました。
確実に困った方々の手元に渡るのは、政府の義援金窓口だと思うのですが、今回出来るのかどうか現段階ではわからず。

「ふるさと納税」を利用することにしました。
ちょうど、義援金特設サイトが出来ています。


スマホからポチポチっとするのが慣れている方でしたら、簡単に出来そうです。
そうでない方も、支援したい自治体を選んで、あとは自分の情報をいれる(会員登録をする)のと、支払い方法を選べばおしまいです。

金額も、自分で設定できます。

いったいどこの自治体の被害が大きいのか分かりかねるので、ひとまず、岡山県と広島県に送ってみました。

亡くなった方への想い。
変わり果てた我が家。
そこで、また生きてかなくてはならない。

泥だらけになってしまった家や家財は、元どおりになるのにどれくらいかかるのか、果たして元どおりになるのか。

自分の家に置きかえてみると、想像を絶します。
私の住む大和田新田は、昔は沼地だったようで、近くに貯水池があるくらいなので、土地も低く、もし豪雨の被害にあったら人ごとではないなと思っています。

防災用品を見直したり、いろんなシミュレーションをしておこうと身の引き締まる思いです。

どうか被災地の皆様の心に平穏が早く訪れますように。。。

posted by 嘉本京子 at 22:08| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする