2018年04月11日

花粉に効く、じゃばら

今年の花粉はすごいですね
おまけに風がすごい。

今年も酒粕で乗り切ろうと思ってましたが、威力に負けてました。

そんな時に、紀子先生から「じゃばら」が効くと教えてもらいました。

なんでも、和歌山の北山村というところでしか採れない「じゃばら」という柑橘類が、花粉に効くとのこと。

これは間違いないはずと、野生の勘でさっそくお取り寄せ(Amazon)

49D7BAE6-D8ED-449F-8EE7-5FC79C512C64.jpg

「邪払」という文字を見ただけで、鼻水がすーっとおさまる気がする、単純な嘉本です。

まだ昨日届いたばかりで、本当に効くかわからないのですが、その答えを待ってるとこの花粉のピークが終わってしまう気がして、記事にしてみました。

実は、果汁も注文しました。こちらは1週間ほどかかるとのこと。うーん、待ち遠しい。

野生の勘で、ピンときた方は、ぜひお試しください。

和歌山は、私の祖父の故郷で、なんだか親近感わきます。自生していたのが、この北山村だけというのも、なんだか不思議です。
邪を払ってくれる、不思議なフルーツ。ありがたや〜

ありがたく、頂きます。
飴タイプはまだ他にも種類がありました。
サプリなどもあるようです。
花粉症のみなさん、がんばって乗り切りましょう
花粉症じゃない方々の免疫力の正常さ、本当に尊敬いたします。

せっかくの春が、楽しめない
花粉症が治る日が来ますように。。。

posted by 嘉本京子 at 22:30| Comment(0) | ちょっとした 体への気づかい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする