2018年03月16日

お手がみ

あと少しで子供達は春休み。
ということは、間も無く進級!1年早いなぁ

我が息子の話で恐縮ですが、学校から帰って来て宿題をやるのも、違和感なくできるようになってきました。
親が丸つけをしたり、音読につきあったり、自分の小さい頃には考えられない決まりというかシステムも、思ったより大変でなく(1人だからかな)毎日の日課の一つとなりました。

 ここ1ヶ月ほどは、「お手がみ」というお話を音読。

 ちらりと教科書を見たら、なんだか遠い遠い記憶の向こうで、見覚えがあるような絵が!

080C9263-45CE-49F8-A041-F0B00918F3B9.jpg

皆さんはいかがですか?
私は、いつかは忘れてしまいましたが、このお話を読んだ記憶があります。この物語に再び会えたことが、なんだか嬉しくて

文と絵は、アーノルド・ローベルさん。
お写真を拝見しましたら、とても優しいお顔をされていて、またもや嬉しくなりました。

肝心のお話はというと。。。
お手がみをもらったことがなく悲しい思いを抱いているがまくんに、心優しいお友達かえるくんが、お手がみをだしてあげる、というお話です。
カタツムリくんが届けてくれるのですが、届くまでに4日かかるという。それまで、2人は幸せな時間を過ごした、というお話です。

アラフォーには、なんだかぐっとくるお話です。
そんな幸せな時間、最近過ごしたかしら。
そういった、何もない、空っぽの時間が、本当は1番幸せなのかもしれない、なーんて思うのでありました。ただ、心を寄せ合い一緒に居る、ことが幸せの頂点。
そう思うと、毎日が幸せだらけですっ

がまくんと、かえるくんの何気ない表情に見入ってしまいます。なんだろう、この親近感。目が優しいのです
特別にかえるが好きってわけでもないのですが。。。ついつい衝動買いしてしまった、この子もかえる!

A9E646DB-B5CA-4C7F-BBA7-72E249BA670D.jpg

スタジオにて、皆様をお待ちしております。
また明日は暖かくなるとか!どうぞお体お大事に!!!
posted by 嘉本京子 at 13:59| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする