2018年03月11日

7年

東日本大震災から、7年を迎えます。

あの日に、残念ながらこの世を去った多くの方々のご冥福を、心よりお祈りいたします。

まだ被災地では元の生活に戻れない方がいらっしゃいます。
そんな方々の気持ちに寄り添うように、生きて生きたいと思います。

7年前の震災が起こる前に噴火していた、新燃岳も再び噴火しています。また同じような被害が、どうか起こらずに、日常が過ぎていくと良いなと思います。

大きな被害はありませんでしたが、計画停電になったり、スーパーに物がほとんどなかったり、予期せぬ余震に心が落ち着かなかったりと、あの日に体験したことは、まだ自分の中ではっきりとした記憶として残っています。

しかし、あの時0歳児だった息子が7才になりました。確実に時間は過ぎてるのだなぁと、感慨深いです。

震災を忘れないことが、生きている私たちに課せられたこと、でしょうか。そして、教訓を生かし、防災を怠らないこと。備蓄もチェックしておこう。

今日の、晴れ渡った青い空のように、曇りなき気持ちに、多くの人がなれますように。

04136077-BD4A-4FAD-AD33-26AAC9204C5A.jpg
【2018年3月11日 八千代の空】
posted by 嘉本京子 at 14:14| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする