2018年03月05日

バランス感覚

春の嵐が続きます。
暖かい空気と冷たい空気がぶつかると、嵐になるそうです。
冬と春がケンカしてるみたいですね。もう勝ちは春って決まってるのに。ぷんぷん。今回は冬将軍の勝利のようで、また寒さが逆戻りとか。こんな時に油断は禁物。体を冷やさないように気をつけよう!

昨日のシルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」。
じわじわと味わった感動を、咀嚼しております

まだ見てない方もいて楽しみにされてると思うので、詳しくはシークレットにしておきますが、すごく驚きっぱなしの演技がありまして。
その方の表情、しぐさ、何気無い微笑み、もちろん技の一つ一つを思い出すたびに、また感動。笑。

そして、買ってきたパンフレットに、彼のインタビューが載っていまして、その文章にまた感動

最近は、羽生選手に続き、「軸」がきてます。
バレエも「軸」ありきですものね。

ぜひ、キュリオスご覧になれた方は、パンフレットで全文読んでください。

1部抜粋です。

「サーカスでもっとも基本となる技は、バランス感覚を養うこと。自分の身体の中心がどこにあるのか見定めていく。そのためには、自分を献身的に捧げるような稽古が必要だと、自分の子供に今教えていても思うんだ」
〜献身的に捧げるような稽古が必要だ〜

なんて深みのある言葉なんでしょう。。。
そして、優しい表現に感じました。極めた人というのは、穏やかに話されますよね。。。

そのような献身的に身も心も捧げられた人たちの集団が、シルクの方たちなのだなぁと思いました。
世の中の1流の方たちは、全てそうなのではないかなぁとも思えます。
献身的に捧げられるかどうか、人生の選択という形で何度もテストがやってきて、その度にクリアし続け、その代わりに、研ぎ澄まされた感性や感覚を徐々に開花されたのではないか、と思えます。

リスペクトがとまりません
まだまだ、得るものがありそうな、シルク・ドゥ・ソレイユなのでありました。そして、ありがとうを伝えたい。。。

DCA0E968-AC5F-49FD-8D67-C10376E2C05F.jpg
【「キュリオス」パンフレットより】




posted by 嘉本京子 at 22:33| Comment(0) | 嘉本のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする